中学歴史「冷戦後の日本と世界に関する一問一答」

中学歴史「冷戦後の日本と世界に関する一問一答」です。

スポンサーリンク

冷戦後の日本と世界に関する一問一答

次の問いに答えなさい。

(1)1955年から1973年まで続いた日本経済の成長を何というか。
(2)(1)の時期に主なエネルギー源は石炭から何に変わったか。
(3)1968年に、日本が余りかに次いで資本主義国第2位になったものは何か。
(4)(1)の時期に、年で人口が著しく増加したことを何というか。
(5)第四次中東戦争を機に石油価格が急上昇したことを何というか。
(6)ゴルバチョフが共産党の独裁体制が計画経済の見直しなどを行った国はどこか。
(7)先進国の政府首脳が集まって、1975年から毎年開かれている会議を何というか。
(8)2001年9月11日、アメリカで起きたテロ事件を何というか。
(9)1992年に日本が初めて自衛隊の部隊を派遣した国連の活動をアルファベット3文字で何というか。
(10)1980年代末に株式と土地価格が異常に高くなって発生した不健全な好景気を何というか。

冷戦後の日本と世界に関する一問一答の解答

(1)高度経済成長
(2)石油
(3)国民総生産(GNP)
(4)過密
(5)石油危機(オイルショック)
(6)ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)
(7)主要(先進)国首脳会議(sミット)
(8)(アメリカ)同時多発テロ
(9)PKO
(10)バブル経済

コメント

テキストのコピーはできません。