中学歴史の「室町時代の農民自治組織」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「室町時代の自治組織」についてまとめています。

室町時代の農民自治

このころ、農業生産が高まり、収穫も安定してくると、名主(有力な農民)に使われていた(作人や下人)の中にも、自立する者が現れました。そして、荘園の枠を超えて、共同で使うもの(用水や山林など)について話し合う必要が生まれした。

こうして、有力な農民の指導のもと自治組織の惣(そう)が生まれ、その村を惣村(そうそん)といいました。惣村は近畿地方に生まれ、全国に広がっていきました。

農民らは、名主を中心に寄り合いを開き、かんがい用水や入会地(いりあいち)。入会地は、村の共同利用など。その使い方、村のおきてや行事などを決めました。また、年貢を村全体で請け負う地下請(じげうけ)などを行って、村の自治を進めていきました。

スポンサーリンク

商人や職人は、自分たちの利益を守るために勢いの強い貴族や、大きな神社・寺院などの保護を受け同業者の組合をつくりました。これが座です。座の人々は、これらの貴族・神社・寺院などに座銭というお金や品物を納めたり座役という仕事な請け負ったりしました。その代わり、座に入っていない人々が自分たもと同じ商売が出来ないようにしてもらったのです。

結果として、公家や寺社に税を納めさせて営業を独占し、原料購入の独占権や、関所の通行税を免除されるなどの特権を得ました。

このころの都市

定期市が広く各地にうまれ、開かれる日数も増えました。取引には、宋銭や明銭を使用しました。

  • 馬借…物質の陸上輸送をあつかいました。
  • 問丸…運送業者をかねた倉庫業者
  • 土倉・酒屋…金融業者。幕府の保護の下、京都で繁栄。

金融業の土倉や酒屋、商人や手工業者は、同業者ごとに座をつくり、武士や貴族、寺社にお金をおさめて保護を受け、営業を独占しました。港には、港町、寺社の門前には門前町が成長しました。猿楽師、傘はり、魚売り、紙すきなどの職人。このころは、商品をかごなどに入れて売り歩く行商が中心でした。

あわせて確認

以上が、中学歴史の「室町時代の農民自治組織」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る