中学歴史の「鎖国下での外国との政策」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「鎖国下での外国との政策」についてまとめています。江戸時代、鎖国の状況下でも長崎で、オランダ・中国と貿易を行いました。その鎖国の状況下での外国との政策を深堀りしていきます。それでは、 中学歴史の「鎖国下での外国との政策」のまとめです。

鎖国下の対外関係

1641年、幕府は平戸にあったオランダ商館を長崎の出島に移し、ここだけで貿易を許可しました。オランダは、ただ1つ残ったヨーロッパの国で、キリスト教の布教を交易の条件としない新教国だったので、貿易を許されました。しかし、出島から自由に出ることはできず、長崎奉行のきびしい監視のもとにおかれてました。

スポンサーリンク

オランダ風説書

オランダ商館長は、オランダ船がもたらす海外の情報をオランダ風説書として、幕府に毎年提出させられ、これによって幕府は、海外の情報を知ることができました。

中国(明・清)

中国(明・清)とは正式な国交はありませんでたが、民間の商船が九州各地に多数来航しました。やがて幕府は、中国人の居住を長崎の唐人屋敷に限定して貿易を認めて、他の場所での交易を禁止するようになりました。 中国からも、海外の情報が提供された唐船風説書があります。

輸出・輸入品

  • 輸出…金・銀・銅・海産物・陶磁器など
  • 輸入…生糸・絹織物・砂糖・医薬品など

その他の対外関係

この長崎での貿易のほかに、朝鮮・琉球・蝦夷地とも交流がありました。

朝鮮

朝鮮とは、豊臣秀吉の侵略以来国交がとだえていましたが、江戸時代初めの1609年に、対馬藩主の宗氏を通じての交渉で国交が回復した。対馬藩は、釜山におかれた倭館で貿易を再開しました。この対朝鮮貿易では、対馬藩に独占的な特権があたえられました。朝鮮からは、幕府の将軍が代わるごとに、400~500人の使節が祝賀の目的で江戸に送られた(通信使)。通信使の往復の際には、各地でさまざまな行事がもよおされ、使節 の話を聞こうとする学者や文人が宿舎を訪れたりしました。

琉球王国

琉球王国は、1609年に薩摩藩に征服され、きびしい監督下におかれました。薩摩藩は独立した王国と見せかけ、中国(明・ 清)との貿易を続けさせた。琉球王国は、幕府の将軍や琉球国王が代わるごとに使節(慶賀使・謝恩使)を送ってきました。

蝦夷地

蝦夷地(現在の北海道)では、アイヌの人々が狩りや漁を行い、樺太(サハリン)や千島列島、中国東北部と交易していました。幕府から蝦夷地の支配を認められていた松前藩は、ア スの人々との取り引きを独占し、少しの米などで大量の 博産物を得て大きな利益を得ていた。そのため、アイヌの人々は、1669年、シャクシャインを指導者として決起しました。しかしながら、2か月の戦いののちに敗れ、以後、さらにさびしい支配を受けることとなりました。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る