高校入試対策・歴史の「土地制度の歴史の流れ」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・歴史の「土地制度の歴史の流れ」についてまとめています。土地についても、テーマ史として出題されることも少なくありません。今回は、その土地や土地制度に関しての歴史です。それでは、高校入試対策・歴史の「土地制度の歴史の流れ」のまとめです。

土地制度の歴史の流れ

スポンサーリンク

奈良時代

  • 646年…改新の詔で、公地公民を採用。
  • 701年…班田収授法が成立。
  • 墾田永年私財法…743年に口分田が不足のため新しく開墾した土地の永久私有を認める。
  • 貴族や寺院の私有地(荘園)の増えた。

班田収授法

6年ごとに人口を調べて戸籍を作成し、6歳以上の良民男子に2段(反)、女子にその3分の2の口分田を貸し与え、死ぬと国に変えさせました。農民は、租(収穫高の3%)・調(特産物)・庸(布など)・雑ようなどの税のほか、兵役、防人も課せられました。このため、農民らの中には重い税や苦しい労役からのがれるために、戸籍の性別や年齢をいつわったり、口分田を捨てて逃亡して貴族や寺社の私有民となって、勝手に僧になって、税を免れる者をいました。

平安時代

  • 荘園…朝廷の重要な地位を独占した藤原氏は、地方の政治を任された国司から多くの寄付を受け、荘園と呼ばれる私有地を増やす。

安土・桃山時代

  • 太閤検地…田畑の面積や土地の状態を調べて石高で表し、農民から年貢を確かなものにした。

室町時代

  • 分国法…戦国大名が領地を支配する際のきまり

江戸時代

  • 幕藩体制…幕府と藩が全国の土地と人民を支配。
  • 新田の開発…幕府や藩が海や沼地を開拓し、新田を開発。
  • 開発計画…蝦夷地の調査、印旛沼の開拓など。(田沼政治のとき)

明治時代

  • 版籍奉還…1869年大名に土地と人民を政府に返させた。
  • 廃藩置県…1867年に藩を廃止して、府県を置き、中央から府知事・県令を派遣して治めさせた。中央集権国家の確立へ。

昭和時代

  • 農地改革…多くの小作農が自作農になった。

あわせて確認

以上が、高校入試対策・歴史の「土地制度の歴史の流れ」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る