中1理科の「物質の溶解度と再結晶」のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

物質の溶解度と再結晶についてまとめています。物質の溶解度と再結晶は、入試でもよく出題されるのも、かかわらず、計算のところでの正答率が低いところです。しっかりおさえていきましょう。それでは、中1理科の物質の溶解度と再結晶についてのまとめです。

物質の溶解度

溶解度は、物質の種類によって決まり、水の温度により変化します。物質の種類によっても変わりますし、水の温度によっても変化します。一般的に。水の温度が高いほど、溶解度は大きくなります。「水100gに溶ける」というところもポイント。ミョウバンや硝酸カリウムなどは、温度が変化すると溶解度も大きく変わりますが、食塩は温度が変化しても溶解度があまり変化しません。

スポンサーリンク

飽和水溶液

一定量の水に物質を溶かしていったとき、物質をそれ以上溶けることのできない水溶液。

再結晶

  • 溶解度の差が大きい物質は、温度を下げると結晶が取り出せます。
  • 溶解度の差が小さい物質は、水を蒸発さえると結晶が取り出せます。

ミョウバンのように、水の温度によって溶解度が大きく変化するような物質は再結晶によって物質をとり出すことができます。

取り出し方の確認

  1. 水溶液の温度を下げていくと結晶になって出てくる。 ミョウバンなど。
  2. 水溶液を加熱して水を蒸発させると、結晶になって出てくる。 塩化ナトリウム(食塩)など。

ろ過

ろ紙などを使って、溶媒に溶ける物質と溶けない物質とを分ける方法。ろ過のしかたは、まずろ紙をろうとにのせ、水でぬらしてろうとに密着させます。次にろうとのあしをビーカーの壁にくっつけます。ろ過する液体をガラス棒を伝わらせて少しずつ注ぎます。

練習問題

  1. 水100gに溶ける物質の限界の質量を何というか。
  2. 水溶液の温度を下げて、溶けていた物質を結晶として取り出せるのは、温度にとる溶解度の違いが大きい物質か、小さい物質か。
  3. 水を冷やしても、食塩とミョウバンでは、ミョウバンの結晶は出てくるが、食塩の結晶はほとんど出てきません。その理由を【食塩の溶解度は】の書き出しで説明せよ。

解答

  1. 溶解度
  2. 大きい物質
  3. 食塩の溶解度は温度が下がってもほとんど変化しないから

以上が、中1理科の「物質の溶解度と再結晶」のポイント・練習問題となります。水に溶ける物質の量には限度があるということです。テスト前には、必ず復習しておきたい単元の1つです。苦手意識をもつ人も多いので、差が出やすいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク