▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中学理科「化合の対策問題」高校入試・実力テスト対策

スポンサーリンク

中学理科「化合の対策問題」高校入試・実力テスト対策です。

スポンサーリンク

化合の対策問題

【問1】鉄と硫黄が結びつく実験の手順を読み、次の問いに答えよ。

<手順>

  1. 乳鉢と乳棒を用いて、鉄粉と硫黄の粉末を適量ずつよく混ぜ合わせて2等分し、2本の試験管A,Bに入れた。
  2. 試験管Aに入れた混合物の上部を加熱したところ、混合物の色が赤く変わり始めたので加熱するのをやめたが、反応は最後まで進んだ。なお、試験管Bは加熱せず、そのままにしておいた。
  3. 試験管Aが十分に冷えたのちに、試験管A,Bに磁石を近づけ、反応を調べた。
  4. 試験管A,B内の物質の一部を、それぞれうすい塩酸が入った試験管に入れ反応を調べた。

(1)手順2で、下線部のようになったのはなぜか。その理由を簡潔に説明せよ。
(2)手順2で、試験管A内の鉄と硫黄にあった化学変化を化学反応式で書け。
(3)手順3で、試験管A,Bには、磁石に対してどのような反応が見られたか。それぞれ簡潔に書け。
(4)次の文の(   )のうち、適当なものを選べ。

手順4で、試験管Aの物質の一部を入れた試験管からは、( 刺激臭のある / 無臭の )の期待が発生した。また、試験管Bの物質の一部を入れた試験管からは、( 水素 / アンモニア )が発生した。

【問2】次の図は、鉄の化学変化を利用した化学かいろである。次の問いに答えなさい。
化学カイロ(中学理科)

(1) 化学かいろを使用すると、化学変化によって温度が上がる。
①このように温度が上がる化学変化を何というか。
②化学かいろは、鉄と何が化合したときに温度が上がるか。

(2)(1)の反応のほかに、温度が下がる化学変化もある。温度が下がる化子変化を、次のアからエから1つ選びなさい。

ア:マグネシウムと酸素が反応して、酸化マグネシウムができる。
イ:水素と酸素が反応して、水ができる。
ウ:水酸化バリウムと塩化アンモニウムが反応してアンモニアができる
エ:水酸化バリウム水溶液と硫酸が反応して、硫酸バリウムができる。

(3)次の文の①にあてはまる言葉を、ア、イから選びなさい。また、②にあてはまる言葉を書きなさい。
石油や天然ガスなどの燃料は、①(ア無機物 イ有機物)であり、私たちはこれらを燃焼させて多量の光や( 2 )を得ている。

化合の対策問題の解答

【問1】
(1)反応によって発生する熱で反応が進むから。
(2)Fe + S → FeS
(3)試験管A 引き寄せられなかった。 試験管B 引き寄せられた。
(4)刺激臭のある / 水素

【問2】
(1) ①発熱反応 ②酸素

化学かいろの中の鉄粉が空気中の酸素と結びついたときに、熱が発生する。

(2)ウ

(3) ①イ ②熱

石油やガスなどの有機物を燃焼させると、多量の熱や光をとり出せる。この熱や光は、暖房や照明などに利用されている。
化学エネルギーもともと物質がもっているエネルギーを化学エネルギーという。化学エネルギーは、化学変化によってほかのエネルギーに変換される。

コメント

テキストのコピーはできません。