▶ YouTube動画「トイトク」定期テスト・高校入試対策

中2理科「セキツイ動物と無セキツイ動物のポイント」練習問題付

スポンサーリンク

中2理科「セキツイ動物と無セキツイ動物のポイント」練習問題付です。

スポンサーリンク

セキツイ動物の特徴

セキツイ動物は、背骨がある動物で、魚類、両生類 ハチュウ類、鳥類、ホニュウ類の5つのグループに分けられる。

子の残し方

  • 胎生…雌の子宮の中で卵が育ち、子としての体ができてから生まれること。ホニュウ類。
  • 卵生…雌が体外に卵を産むこと。魚類・両生類・ハチュウ類・鳥類。

卵や子の育ち方

水中に卵を産む動物は、1回の産卵の(子の)数は多いが、親まで育つ割合は小さい。

  • 魚類・両生類…水中に殻のない卵が産み出され、水中で受精する。子は水中でかえる。ふつう親がせわをしなくても卵が育ち子がかえる。
  • ハチュウ類・鳥類…卵は雌の体内で受精し、陸上に殻のある卵が産み出|される。子は陸上でかえる。ハチュウ類は、親が卵のせわをしなくても子がかえるものが多い。鳥類は、陸上で親が卵をあたためて子がかえり, 子はしばらくの間、親から食物をあたえられるものが多い。
  • ホニュウ類…卵は雌の体内で受精し、子宮の中で養分をもらって育つ。子は陸上で生まれ、しばらくの間、雌の乳で育てられる。クジラなど、子が水中で生まれるものもいる。

呼吸のしかた

魚類はえら呼吸。両生類は、子はえら呼吸で、成長すると肺呼吸と皮ふ呼吸になる。ハチュウ類、鳥類、ホニュウ類は肺呼吸。

体の表面のようす

魚類はうろこでおおわれている。両生類の皮ふはしめっていて、うろこはない。ハチュウ類は水を通さないかたいうろこでおおわれている。鳥類は羽毛、ホニュウ類はふつう毛でおおわれている。

体温

  • 恒温動物…外界の温度が変わっても体温が一定に保たれる動物。鳥類・ホニュウ類。
  • 変温動物…外界の温度が変わるとともに体温も変わる動物。魚類・両生類・ハチュウ類。

セキツイ動物の分類

  • セキツイ動物…背骨をもっている動物
  • 無セキツイ動物…背骨を持っていない動物
項目ホニュウ類鳥類ハチュウ類両生類魚類
うまれ方胎生卵生(陸上に産卵)卵生(水中に産卵)
体温つねに一定周囲の温度により変わる
呼吸肺呼吸子:えら・親:肺えら呼吸
体表羽毛うろこ・こうら皮ふ裸出うろこ

呼吸の様子は、両生類の親から変わります。ここから陸上生活になるからです。体温の調節方法は鳥類から変化します。鳥類とホニュウ類は恒温動物で、体温を一定に保てるので、寒い冬や寒冷地でも生活できるようになっています。

よく出る動物

  • 魚類(サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど)
  • 両生類(カエル、サンショウウオ、イモリなど)
  • ハチュウ類(カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど)
  • 鳥類(ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど)
  • ホニュウ類(ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど)
スポンサーリンク

セキツイ動物の練習問題

【問1】次の表は、現在生息しているセキツイ動物を5つのなかまに分けたものである。これについて、あとの問いに答えなさい。

項目ホニュウ類鳥類ハチュウ類両生類魚類
うまれ方B卵生(陸上に産卵)卵生(水中に産卵)
体温つねに一定A
呼吸肺呼吸Cえら呼吸
体表羽毛うろこ・こうら皮ふ裸出うろこ

(1) セキツイ動物が共通してもっているつくりは何か。

(2) 図のA、Bにあてはまる言葉をそれぞれ書きなさい。

(3) 次の文は、表のCについてまとめたものである。1、2にあてはまる呼吸器官をそれぞれ書きなさい。

両生類は、卵からかえった直後は、( 1 )で呼吸しているが、成体になってからは皮膚と( 2 )で呼吸する。

(4) ハチュウ類とホニュウ類にふくまれる動物を、次のアからエからそれぞれ選びなさい。
ア:トカゲ イ:イモリ ウ:クジラ エ:ハト

【問2】次の問いに答えよ。

  1. ヒトの腕、コウモリのつばさ、クジラのひれのように、もとは同じものであったと考えられるが、 現在は形やはたらきが異なっているような器官を何というか。
  2. 昆虫やクモ、貝、タコなどのように背骨のない動物を何というか。
  3. 魚やトカゲ、犬などのように背骨のある動物を何というか。
  4. 卵を産んで、なかまを増やす方法を何というか。
  5. 卵を産まず、子どもを体内である程度育ててから産む方法を何というか。
  6. 外界の温度変化によって、体温も変化する動物を何というか。
  7. 外界の温度変化によらず、体温をある程度一定に保つ動物を何というか。
  8. 水に溶けている酸素を取り入れる呼吸を何呼吸というか。
  9. 空気中の酸素を取り入れる呼吸を何呼吸というか。
  10. 植物を食べて生活している動物を何というか。
  11. 動物を食べて生活している動物を何というか。
  12. 魚類のからだは何でおおわれているか。
  13. 両生類類は変温動物と恒温動物のどちらか。
  14. ハチュウ類は主にどこで生活しているか。
  15. コウモリは、何類か。

【問3】

  1. 両生類の呼吸の仕方を説明せよ。
  2. 恒温動物とはどんな動物か説明せよ。
  3. ハチュウ類や鳥類の卵に殻がついている理由を答えよ。

セキツイ動物の練習問題の解答

【問1】
(1) 背骨

背骨をもつ動物のなかまをセキツイ動物、背骨をもたない動物のなかまを無セキツイ動物という。

(2) A…変温 B…胎生

(3) 1えら 2肺

両生類は、水中で生活する子のときはえらで呼吸をし、水辺で生活する成体のときはと皮膚で呼吸をする。

(4)ハチュウ類:ア / ホニュウ類:ウ

イモリは両生類、ハトは鳥類である。

【問2】

  1. 相同器官
  2. 無セキツイ動物
  3. セキツイ動物
  4. 卵生
  5. 胎生
  6. 変温動物
  7. 恒温動物
  8. えら呼吸
  9. 肺呼吸
  10. 草食動物
  11. 肉食動物
  12. うろこ
  13. 変温動物
  14. 陸上
  15. ホニュウ類

【問3】

  1. 子のときはエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸する。
  2. 外界の温度が変化しても、ほぼ一定に体温を保つことができる動物。
  3. 乾燥から卵を守るため。
スポンサーリンク

無セキツイ動物のポイント

無セキツイ動物は、セキツイ動物のように、背骨がありません。背骨がない動物を無セキツイ動物といいます。節足動物や軟体動物がそれにあたります。

節足動物

外骨格でおおわれ、体やあしに節があります。昆虫類、甲殻類、クモ類、ムカデ類が含まれます。

外骨格
バッタやザリガニの体をおおっているかたい殻のことをいいます。外骨格の内側には筋肉がついていることで、節足動物は。すばやく運動することができます。

軟体動物

外とう膜でつつまれ、体やあしに節がない。ウミウシ、クリオネ、ナメクジ、イカ、タコなどいます。

外とう膜
イカやタコ、貝のような、内臓を包みこむ膜。

水中で生活する甲殻類

ザリガニのように、水中で生活する甲殻類は、セキツイ動物の魚類と同じく「えら」で呼吸しています。

スポンサーリンク

無セキツイ動物の練習問題

下の説明を読んで、次の問いに答えよ。

<説明>

  1. バッタもザリガニも、体をおおっているかたい殻をもっていて、この殻により、体を支えて内部を保護しています。
  2. バッタは、チョウやカブトムシなどとともい、昆虫類というなかまに分類されます。
  3. バッタは、腹部の側方にある気門から呼吸している。
  4. ザリガニは、エビやカニなどとともに、甲殻類というなかまに分類されます。

<問題>

  1. バッタやザリガニの体をおおっているかたい殻のことをなんというか。
  2. 節足動物とはどんな動物か簡潔に書け。
  3. ザリガニの呼吸器官は何か。名称を答えよ。
  4. 無セキツイ動物のうち、内臓を包み込む外とう膜をもつなかまを何動物というか。

無セキツイ動物の練習問題の解答

  1. 外骨格
  2. 体やあしに節がある
  3. えら
  4. 軟体動物
中2理科
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ダイスト

コメント

テキストのコピーはできません。