中1理科の「力のはたらき」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「力のはたらき」についてまとめています。力は、物体をささえたり、変形させたり、運動ようすをかえるはたらきがあります。詳しく見ていきましょう。それでは、中1理科の「力のはたらき」のまとめです。

力のはたらき

いろいろな力があり、物体をささえたり、変形させたり、運動のようすを変えるはたらきをします。たとえば、野球のボールを投げるときや受けるときには、力がいります。

身のまわりにあるいろいろな現象において、「力がはたらいている」と考えられる場合を3種類に分けられます。このようなはたらきをするのが理科でいう力であって、わたしたちが日常で使うことばとは少しちがいます。

スポンサーリンク

物体をささえているとき

腕やばね, 机が物体をささえているときは力が必要です。このとき物体には上向きに力がはたらいていて、これらの力と物体の重さはつり合っているといるといいます。

物体を変形させるとき

ばねをのばしたり、棒を曲げたり、ゴムひもをねじったりするときのように、物体を変形させるときには力がいります。

物体の運動のようすが変化するとき

ボールは手から、また、自転車は足から力を受けて動き出します。このように、物体が動き出すときには力がいります。自転車の速さを増すためにペダルをこいだり、ブレーキで車の回転を止めたり、ハンマー投げの球を投げるときにも、力がいります。このように 物体の速さや向きを変えるときにも力がいります。

力のつり合い

力のつり合いは、1つの物体に2つの力がはたらき、その物体が動かないとき、2つの力はつり合っているといいます。1つの物体に、2つの力がはたらいてつり合っているとき、次の条件が成り立っています。

  • 2つの力の大きさが等しい。
  • 2つの力は一直線上にある。
  • 2つの力の向きが反対である。

あわせて確認

以上が中1理科の「力のはたらき」のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク