中2理科「直流と交流の違い」

シェアする

中2理科の「直流と交流の違い」についてまとめています。昨今の入試では、日常生活と絡めて出題されることも多く、この「直流や交流」その1つの単元です。それぞれの性質の違いに注意して、学習していきましょう。それでは、中2理科の「直流と交流の違い」です。
直流と交流(中学理科)

直流

直流(直流電流)とは、一定の方向に一定の大きさ(強さ)で流れる電流のことです。これまで回路と電流で学習してきた電流は、全てこの電流のことを指しています。乾電池の電流もその1つです。電流は電源の+極から-極に向かって一定の大きさで流れます。乾電池や光電池などから得られる電流になります。

交流

交流(交流電流)とは、周期的に流れる電流の向きと大きさが変化する電流です。変化の繰り返しの回数を周波数といい単位は、ヘルツ(Hz)。家庭のコンセントから得られる電流は、この交流電流になっています。変圧器によって、簡単に電圧の大きさを変えられる特徴があります。

また、電磁誘導で学習した発電機から得られる電流も、この交流電流になります。交流電流は周期的に電流の向きと大きさが変化するので、とても使いやすい電流です。家庭に送られる電流が交流であるのはこのためです。

スポンサーリンク

周波数

交流では、電流の向きが+、-と繰り返し変化する。この変化が1秒間に起こる繰り返しの回数。周波数の単位は、ヘルツ(記号Hz)で表します。西日本では60Hz。東日本では50Hzの交流が使われています。

発光ダイオード

一定の方向にしか電流を流さないので、直流につなぐと光が連続して電流がながれますが、交流につなぐと光は点滅し、電流が流れたり流れなかったりします。電流は、実生活に密に関連しますので、出題されやすいです。直流はDC、交流はACとかく。直流では、一方の発光ダイオードが連続して光る。交流では、発光ダイオードはたがいちがいに光る。

  • 直流…発光ダイオードの片方のみが光り続ける。
  • 交流…2つの発光ダイオードが交互に点滅する。

直流は一定方向にしか電流が流れないことがわかり、交流は流れる電流の向きが変化していることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る