中1理科の「光の反射角と屈折角」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「光の反射角と屈折角」についてまとめています。光は物体に当たると反射する。入射角と反射角は等しいです。そのことについて、深くほりさげていきます。それでは、中1理科の「光の反射角と屈折角」のまとめです。

光の反射

中1理科光
光が物体に当たってはね返ることを反射といいます。鏡のようななめらかな面では、反射の法則にしたがって反射します。

  • 法線…光が当たる点を通り、鏡などに垂直にたてた線。
  • 入射角…入射する光と法線とのなす角
  • 反射角…反射する光と法線とのなす角。
  • 反射の法則…入射角と反射角はつねに等しくなる。
スポンサーリンク

鏡にうつった物体は、反射した光が鏡の裏側の、物体と対称の位置からくるように見えるため、鏡の奥にあるように見えます。鏡などにうつって見える物体の姿を像といい、鏡にうつる像は虚像といいます。

乱反射

鏡やよくみがいた金属の表面では、光は反射の法則にしたがって反射しますが、みがいていない物体の表面はでこぼこしており、光は不規則に反射します。このような反射のしかたを乱反射といいます。

乱反射の場合でも、ある1 点だけに注目すれば、入射角と反射角は等しく、反射の法則は成り立っています。

物体が見える理由

みずから光を発していないものが見えるのも、物体の表面で乱反射したために、さまざまな方 向に進む光が目に達するためです。

光の屈折

光は、透明な2種類の物質の境界面で折れ曲がります。光がある透明な物質から他の透明な物質へ進むとき(たとえば空気中から水中へ進むとき)、光は境界面で折れ曲がります。

入射角と屈折角

法線と入射光線とのなす角を入射角といい、法線と屈折した光線とのなす角を屈折角といいましたね。空気中から、水やガラスの中に光が進むときは、つねに入射角よりも屈折角のほうが小さいです。

屈折の例

お椀の底にを置き、硬貨が見えなくなります。 ぎりぎりの位置に目線の位置を決めます。その目線を動かさずに、お椀に水を注ぐと硬貨が浮き上がって見えてきます。これは、硬貨からの光が水面で屈折するためです。

あわせて確認

以上が、中1理科の「光の反射角と屈折角」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク