中学理科の「還元」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学理科の「還元」についてまとめています。還元は、酸化物から酸素が取り除かれる現象です。入試やテストでもよく出題されるところです。それでは、中学理科の「還元」のまとめです。

還元

還元は、酸化と逆の反応を還元といいます。還元は、酸化された金属がもとの金属にもどる(還元する)ということからきたものです。還元は、 酸化物から酸素の一部または全部を取り除くこと、あるいは、ある物質に水素を化合させる反応ということになります。

たとえば、つぎの反応で酸化銅に着目すると、酸素が取り除かれているので、還元です。

  • CuO + H2 → Cu + H2O (酸化銅+水素→銅+水)

さらに広い意味では、原子または原子団が電子を受け取る反応を還元ということがあります。たとえば、塩化ナトリウムはナトリウムイオンNa+と塩化物イオンClとが結合したものであると考えられる。

電気分解の例では、Na+電子1個→金属ナトリウムという式で表される反応がおこり、ナトリウムイオン は陰極で電子1個を受け取って金属ナトリウムに変化します。

  • 2Na++C → 2Na(陰極) + Cl2(陽極)  (塩化ナトリウム→金属ナトリウム+塩素)

これも還元の例である。

スポンサーリンク

酸化と還元

酸化と還元は、ふつう同時におこります。その場合、全体の化学反応を酸化・還元反応といいます。

酸化銅の還元

酸化銅を水素で還元するときの反応は、つぎのように表されます。

  • CuO + H2 → Cu + H2O (酸化銅+水素→銅+水)

この反応で、酸化銅は還元されて銅になりますが、水素は酸化されて水になっています。酸化銅に着目すれば還元であり、水素に着目すれば酸化です。反応物のどれに着目するかによって、酸化と還元ともみることができます。
確認中2理科の酸化銅の分解(酸化・還元)のポイント・練習問題

酸化剤と還元剤

酸化剤

酸素やオゾンのほか、 酸素を放ちやすい化合物です。 たとえば、過酸化水素、酸化水銀、熱した酸化銅、二酸化マンガン、二酸化鉛、亜硝酸・硝酸・過マンガン酸カリウム・クロム酸・塩素酸・次亜塩素酸などとその塩、熱濃硫酸、塩素、臭素などのハロゲンが酸化剤として用いられます。酸化・還元反応で還元される反応物を、酸化剤ということもあります。

還元剤

不安定な水素化合物、炭素、一酸化炭素、亜硫酸とその塩、ナトリウム・ マグネシウム・カルシウム・ アルミニウム・亜鉛などの金属、鉄塩、塩化スズなどが還元剤となります。また、酸化・還元反応において、酸化される側の反応物を還元剤ということもありいます。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る