▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中2理科「酸化マグネシウムと酸化鉄の燃焼実験のポイント」

中2理科の「酸化マグネシウム・酸化鉄の燃焼実験」についてまとめています。燃焼とは、熱や光を出しながら激しく酸化することです。それでは、中2理科の「酸化マグネシウム・酸化鉄の燃焼実験」のポイント・練習問題をみていきましょう。

スポンサーリンク

酸化マグネシウムと酸化鉄の燃焼実験のポイント

酸化マグネシウム

マグネシウムリボンを空気中で燃焼させると、白色の酸化マグネシウムができます。加熱していないマグネシウムリボンをうすい塩酸を入れると水素が発生しますが、酸化マグネシウムをうすい塩酸にいれても気体は発生しません。
復習中1理科「いろいろな気体の発生方法」

●化学反応式

  • マグネシウム+酸素→酸化マグネシウム
    2Mg+O2→2MgO

酸化鉄

スチールウール(鉄)を空気中で燃焼させると、黒色の酸化鉄ができます。燃焼後にできた酸化鉄の質量は、化合した酸素の分だけ燃焼前のスチールウールの質量よりも大きくなります。加熱していないスチールウール(鉄)をうすい塩酸に入れると水素が発生しますが、酸化鉄をうすい塩酸にいれても気体は発生しません。

実験前後の変化

加熱前加熱後
物質酸化鉄
銀白色黒色
電流流れる流れない
もむと弾力があるぼろぼろくずれる
うすい塩酸水素発生変化しない

コメント