中2理科の「静電気のしくみと生じる理由」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「静電気のしくみと生じる理由」についてまとめています。静電気には、+、-と2種類があり、同じ種類の電気どうしは反発し、ちがう種類の電気どうしは引き合います。それでは、中2理科の「静電気のしくみと生じる理由」のまとめをみていきましょう。

静電気のしくみ

静電気は、2種類(電流が流れにくい物質である絶縁体どうし)の物質を摩擦することによって生じる電気です。

たとえば、

  • プラスチックの詩だ時期のものさしをセーターで摩擦すると小さな紙切れや髪の毛が引きつけられる。
  • 衣服がからだにまとわりついたり、セーターをぬぐと、パチパチという音をともに一瞬光が見える。
  • 空気の乾燥した日にドアノブにふれると、パチっと音がする。

などが静電気の例です。

スポンサーリンク

静電気が生じる理由

こすり合わせる、つまり摩擦を起こすことで、物質の中にある-の電気をもつ小さな粒(電子)が、一方の物体へ移動するために生じます。

2種類の物質を用意します。静電気が発生する前は、物質の中にあるプラスの電気を帯びた粒子と、マイナスの電気を帯びた粒子が同じ数ずつあります。ということは、物質全体で、どちらも電気を帯びていない状態です。この2種類の物質をこすり合わせる、摩擦させると、次のマイナスの電気を帯びた粒子が、一方の物質から他方の物質に移動します。このマイナスの電気を帯びた粒子を「電子」と呼びます。

<ポイント>

  1. 通常、物質の中には+の電気と-の電気が同じだけある。
  2. 摩擦によって、-の電気が片方の物質に移動する。
  3. 一方の物質は、-の電気を失って、+の電気を帯び、もう一方の物質は-の電気を受けとって、-の電気を帯びる。

静電誘導

帯電していない導体を絶縁し、帯電体を近づけると、帯電体に近い部分の導体には、帯電体とちがう種類の電気が、遠い部分には同じ種類の電気が現れます。現れる+と-の電気量は等しい。この現象を静電誘導といいます。はく検電器は、静電誘導を利用した器具の1つです。

静電気の種類

静電気には、+と-の2種類があります。同じ種類の電気どうしでは、反発する力がはたらき、ちがう種類の電気どうしでは引き合う力がはたらきます。帯びる電気の種類によって、引きあったり、しりぞけ合ったりします。

  • プラス(+)とプラス(+)→しりぞけ合う
  • プラス(+)とマイナス(ー)→引き合う
  • マイナス(ー)とマイナス(ー)→しりぞけ合う

放電

放電は、たまっていた電気が流れだしたり、空気の中に電流が流れる現象です。

  • 火花放電…雷のように空気の中を電流が流れる現象。
  • 真空放電…圧力が小さな空気中に電流が流れる現象。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る