中3理科「力学的エネルギーのポイントまとめ」

力学的エネルギーの保存の練習問題です。位置エネルギー、運動エネルギーについても理解しておく必要もあり、入試でもよく出題される単元となります。また、エネルギーは単独で出題されることは少なく、そのことを含んだ「物体の運動」と組み合わされて出題される。内容的には「力学的エネルギーとその保存」についてで、他のエネルギーの形の出題は、すくなくなっています。それでは、中3理科の「エネルギー(位置・運動・力学的・変換など)」のまとめです。

スポンサーリンク

エネルギー

力学的エネルギーグラフ
エネルギーはいろいろな姿に移り変わる。エネルギーは、運動、熱、音、光、電気など他の物体にいろいろなはたらきをする能力。

  • いろいろなエネルギー:電気エネルギー、熱エネルギー、光エネルギー、音エネルギー、化学エネルギー、位置エネルギー、運動エネルギー、弾性エネルギーなど。

位置エネルギー

位置エネルギーは高いところにある物体が持つエネルギー。

  • 物体の高さとの関係は、比例する。
  • 物体の質量との関係は、比例する。
  • 位置エネルギーの大きさは、(高さ)×(質量)に比例。

運動エネルギー

運動エネルギーは、運動している物体が持つエネルギー。

  • 物体の速さとの関係は、2乗に比例する。
  • 物体の質量との関係は、比例する。
  • 運動エネルギーの大きさは(速さの2乗)×(質量)に比例。

電気エネルギーと熱エネルギー

電気エネルギー:モーターに電気を流すと模型の自動車を動かすことができる。
熱エネルギー:水を熱で水蒸気ですると物体を動かすことができる。

スポンサーリンク

力学的エネルギー

エネルギーが変換する前後でエネルギー量は変化しない。

  • 力学的エネルギー:位置エネルギーと運動エネルギーは合わせた呼び方。

力学的エネルギーの移り変わり

  • 位置エネルギーと運動エネルギーは互いに移り変わることができる。

力学的エネルギー保存の法則

  • 位置エネルギーと運動エネルギーの和はいつも一定である。
スポンサーリンク

エネルギーの変換

電気ストーブは電気エネルギーを熱エネルギーに変化する。エネルギーの移り変わりは、互いに他のエネルギーに移り変わる。

  • 火力発電:石油の化学エネルギー→熱エネルギー→運動エネルギー→電気エネルギー
  • 水力発電:位置エネルギー→運動エネルギー→電気エネルギー
  • 原子力発電:核エネルギー→熱エネルギー→運動エネルギー→電気エネルギー
  • 電灯:電気エネルギー→熱エネルギー→光エネルギー

エネルギーの保存

エネルギーが変換する時、一部は熱エネルギーになる。エネルギーの保存は、エネルギーが別のエネルギーに変換される時、一部は熱エネルギーに変わってしまうが、この熱エネルギーも含めると変換する前後でエネルギーの総和変化しない。

化学エネルギー

  • 物質の持つエネルギーを化学エネルギーという。

化学エネルギー:熱量などの物質が持つエネルギー。化学変化するときに熱エネルギーや電気エネルギーなどを取り出すことができる。

コメント

テキストのコピーはできません。