中学公民「裁判所と裁判のポイントまとめ」

「裁判所の種類と裁判の仕組み」についてまとめています。裁判所は、司法権をもつところで、その自らの良心に従うことが前提となっています。いろいろ種類があるので、その違いに気をつけながら覚えていきましょう。それでは、「裁判所の種類と裁判の仕組み」についてみていきましょう。

スポンサーリンク

裁判所(司法)

法は、社会の中で生活していくための決まりで権利で、法の内容は、大多数の人々に支持される正しいものでなければならない守り。社会の秩序を保ち、争いや犯罪を裁く基準となるもの。裁判所は、司法の仕事を担当します。

  • 司法権の独立…裁判官が自らの良心と憲法・法律のみに従って裁判を行うこと。

国民審査

国民審査は、任命後初めて行われる衆議院議員総選挙のとき投票によって審査され、その後も10年を経るごとに審査をくり返す。罷免の投票が、罷免反対の投票より多い場合、その裁判官は罷免される。これまでに国民審査によって罷免された裁判官はいない。

裁判所の種類

  • 最高裁判所…東京に1か所のみ。
  • 下級裁判所…高等裁判所、地方裁判所、簡易裁判所、家庭裁判所
スポンサーリンク

裁判の仕組み

裁判の仕組み

  • 民事裁判…貸したお金を返してもらえないときなどの裁判。訴えた人(原告)訴えられた人(被告)
  • 刑事裁判…犯罪の疑いのある者(被疑者)を被告人として、検察官が原告となり裁判を求める。これを起訴という。被告人は黙秘権などの権利をもつ。

三審制

三審制
裁判を慎重に行い、裁判の誤りをなくすための制度で、第一審の判決に不服な場合は、第二審の裁判所に控訴しさらに第三審の裁判所へ上告することができる。 

  • 違憲(立法)審査権裁判所が、法律や国の行為が憲法に違反していないかどうかを審査する権限。最高裁判所は、「憲法の番人」とよばれる。

裁判と人権保障

裁判官の令状がなければ、原則で逮捕や捜索できない。拷問(ごうもん)などによる自白は証拠できない。自白の強要など行き過ぎた捜査を原因とする冤罪事件防止。被疑者や被告人に、黙秘権を認めている。有罪判決を受けるまで、被告人は無罪と推定される。被告人に、公正で迅速な公開裁判を受ける権利を保障する。などがある。

コメント

テキストのコピーはできません。