中3理科の「細胞分裂とその過程・順序」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中3理科の「細胞分裂とその過程・順序」のまとめです。細胞分裂の順序では、染色体は中央に並んでから両端に移動します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中3理科の「細胞分裂とその過程・順序」のまとめです。

細胞分裂

1個の細胞が分かれて、2個の細胞になることを、細胞分裂といい、生物のからだをつくるふつうの細胞の分裂を体細胞分裂という。

スポンサーリンク

細胞分裂の順序

細胞分裂は、大きく分けると、間期,前期,中期,後期, 終期に分けることができる。
細胞分裂

間期

細胞分裂が続けておこるとき,核の分裂が終わってから、次の核の分裂が始まるまでの間。細胞分裂を行うための準備がされる期間である。

前期

核の中に染色体というひものようなものが見えるようになり、核の形が消える。

中期

染色体が細胞の中央に集まり,それぞれが縦に2等分される。

後期

2等分された染色体が、分かれてそれぞれ細胞の両極に移動する。

終期

移動した染色体はかたまりになり、個々の染色体はしだいに見えなくなって、新しい2個の核ができる。このとき、細胞質も2つに分かれる。細胞質が2分されるとき、植物細胞では、中央にしきりができ, 動物細胞では、細胞膜にくびれができる。

染色体

細胞分裂をしていないときの細胞の核には染色糸と呼ばれるものが散らばっている。細胞分裂が始まると、この染色糸がしだいに糸状になって、はっきり見えるようになり、これが縮まって、太く短い形 になる。この状態のものを染色体という。

染色体は本来、無色透明であるが、酢酸カーミン液や酢酸オルセイン液などの染色液に染まりやすいため、この名がある。また、染色体は生物がもつ特徴(形質)を子に伝えるときに、重要な役割を果たす「遺伝子」をその中に含んでいる。なお、染色体の数や形は、生物の種類によって決まっている。

まとめ

細胞が分裂する前に、染色体は複製されて数が2倍になります。細胞が分裂するとき、染色体は2つに分かれてもとと同じ数の染色体が、分かれた2つの細胞の核をつくります。

<体細胞分裂の順序>

  1. 体に変化が始まる。
  2. 核の中に染色体が見えてくる。
  3. 染色体は太く短くなって縦に2つに割れる。
  4. 染色体は両方に同じように分かれる。
  5. 染色体がかたまりになり、植物は間にしきりが、動物はくびれができる。
  6. 新しい2つの細胞になる。

あわせて確認

以上が、中3理科の「細胞分裂とその過程・順序」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク