中1国語「さんちきの定期テスト過去問分析問題」

中1国語「さんちきの定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

さんちきの定期テスト過去問分析問題

教科書の「さんちき」の「何してるんや!」~「ろうそくの明かりをひと吹きで消した。」までの部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「物騒やないか!」とあるが、「物騒」の意味として最も適切なものを次のア~エから選び記号で書きなさい。
 ア 危険な感じのすること
 イ お化けが出そうな感じのすること
 ウ 騒がしいこと
 エ もったいないこと

問二 「三吉は、ひょこっと首をすくめ、いかにすまなそうにうなだれた。」とあるが、なぜ三吉は親方に対してこのような態度をとったのか、答えよ。

問三 「答えるより早く、次の言葉が飛んできた。」とあるが、このような様子から、三吉は親方のことをどのような性格だと思っているか。「〇〇〇〇〇親方」と続くように、文中から五文字で書き抜きなさい。

問四 「しもうたあ!」とあるが、三吉はどのような失敗を犯したのか。文中の言葉を使って二つ答えなさい。

問五 「そのとき、外でドサッという音がした。」とあるが、何の音か。文中の言葉を使って簡潔に答えなさい。

問六 「白く細長いもの」とあるが、それは何か。文中の言葉を使って簡潔に答えなさい。

問七 「倒れていた侍も刀も消えていた。」とあるが、どうしてか。考えて答えなさい。

問八 「侍に生まれんで、良かったな。」とあるが、親方は侍と車大工の生き方をどのように比較しているか。それぞれの違いが分かるように書きなさい。

問九 「侍に生まれんで、良かったな。」とあるが、親方がこのように言ったのはなぜか。最も適切なものを次のア~エから選び、記号で答えなさい。
 ア 侍になるとすぐに死んでしまうか。
 イ 侍になると自分の好きなことができないから。
 ウ 三吉にはまだ刀が重すぎて使いこなせないから。
 エ 侍の生き方に対してむなしさを感じたから。

問十 「三吉は親方の腰をぎゅっと押した。」とあるが、このとき三吉はどんな気もちだったか。最も適切なものを次のア~エから選び、記号で答えなさい。
 ア 親方が今の自分の腕前をほめてくれたので喜んでいる。
 イ 親方が自分をからかっているので怒っている。
 ウ 親方が自分への思いやりを感じて照れている。
 エ 親方が自分の将来を求めてくれたことにプレッシャーを感じている。

問十一 「さんちき、きっと腕のええ車大工になるで。」そっとつぶやいてから、思い切り息を吸い込んで、ろうそくの明かりをひと吹きで消した。とあるが、このときの三吉はどんな気持ちだったか。考えて書きなさい。

さんちきの定期テスト過去問分析問題の解答

問一 ア

問二 しょんぼりして見せると、親方は怒りをおさめてくれるから。

問三 三吉は、し

問四 
(一つ目)自分の名前を車の表に彫ってしまったこと。
(二つ目)自分の名前を彫り間違えたこと。

問五 侍が外で倒れた音

問六 刀

問七 別の三、四人の侍が移動させたから。

問八 侍は、殺し合いの中で波も残さずに死んでいくが、車大工は自分が死んでも百年先まで車を残すことができると考えている。

問九 エ

問十 ウ

問十一 これから何があっても頑張ろうと、改めて気を引き締め直すような気持ち。

コメント

テキストのコピーはできません。