中学歴史「明治新政府の三大改革のポイントまとめ」

中学歴史「明治新政府の三大改革のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

明治維新の三大改革

富国強兵を目指す。これは、新政府が、欧米の強国に対抗するために、介在を発展させて国力を向上させ、強力な軍隊を整備することを目指した方針。

学制

1872年に公布。6歳以上の男女に小学校の義務教育。国民すべてに小学校教育を受けさせることを目標。高等教育としては、1877年に東京大学が発足。また、教師を要請する官立の師範学校も作られた。

徴兵令

1873年から実施。満20歳以上の男子に兵役の義務。これによって、西洋式の常備軍が誕生し、近代的な軍隊制度が整った。しかし、この徴兵令は、士族の特権を奪うものであった。農民は、一家の労働力を奪うものとして、各地で徴兵令に反対する激しい一揆をおこした。

地租改正

1873年から実施。土地の所有者と地価を定めて、地券を発行し、地価の3%を地租として現金を納めさせた。政府の財政を安定させた。急激な改革に反対する人々の一揆が各地で起こった。その反面、地主は高率の小作料(小作地の使用料)を米で受け取り、その米を打って、地租を現金で納めたため、米の値上がりによって大きな利益を得た。

コメント

テキストのコピーはできません。