中学歴史「産業革命とヨーロッパの植民地支配」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

「産業革命とヨーロッパの植民地支配」のまとめです。18世紀後半に、イギリスで世界初の産業革命がおこります。それをきっかけに、資本主義が発達し、自由主義が広まっていきます。それでは、中学歴史の「産業革命とヨーロッパの植民地支配」のまとめをみていきましょう。

産業革命

イギリスで始まった技術向上による産業と社会の仕組みの変化で、機械の発明・改良によって、これまでの工場制手工業 (マニュファクチュア)から工場制機械工業に変わり、社会・経済のしくみが変革したことを産業革命という。18世紀のイギリスでは、毛織物工業を中心とする工場制手工業が発達し、鉄鉱石と石炭が国内で豊富に産出した。また、海外に広い植民地をもっていたため、原料の供給地と製品の市場があり、豊かな資本をたくわえていて、産業革命がおこる基礎があった。

  • イギリス…紡績業で蒸気機関車で動く機会が使われる。安く大量に生産し、世界へ輸出する。
スポンサーリンク

資本主義社会

産業革命によって成立。

  • 資本主義…資本家が労働者を雇い、生産活動を行う。
  • 社会主義…資本主義を批判し、平等の社会を目指そうという考え。

産業革命がおこり、資本主義の社会が成立した。その後、資本主義が発達して自由主義が欧米諸国に広まる。

ヨーロッパの産業革命

  • イギリス…国力が高まり、世界の自由主義を広める。
  • ドイツ…ビスマルクが富国強兵を進め、1871年に統一。

19世紀になると、イギリスはアメリカ・インド・オーストラリアなど世界の各地に進出して、質がよくて安い工業製品を大量に売りさばくようになり、「世界の工場」とよばれるほどに発展した。産業革命は、19世紀前半にアメリカ合衆国やフランスに、19世紀後半にはドイツ・ロシア・日本などに広がっていった。
確認中学歴史の「19世紀のヨーロッパと日本」のまとめ

アメリカ南北戦争

自由貿易、奴隷制度などをめぐり南北が対立。1861年、南北戦争が起こる。リンカーン大統領が率いた北部が勝利する。南北戦争で北部が勝利したアメリカは、民主主義と資本主義の大国へ急成長をとべる。

イギリスがアジアに進出(植民地支配)

  • 三角貿易…イギリスが清との貿易の赤字の対策として、インドを含め3ヵ国で行った貿易。

アヘン戦争

1840年から42年、アヘンヲ厳しく取り締まった清をイギリスが攻撃し勝利する。

  • 南京条約…アヘン戦争の結果、イギリスが清に結ばせた不平等条約。
  • 太平天国の乱…1851年から64年、清でおこった洪秀全を中心とする反乱。貧富の差のない平等な社会を目指した。

インドの大反乱

1857年におこた、イギリスの支配に対する反乱。インド兵の反乱をきっかけに全国に広がる。イギリスが鎮圧し、インドを植民地とする。イギリスを先頭に欧米列強がアジアに進出した。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 参考中学歴史の「産業革命とヨーロッパの植民地支配」のまとめ […]