高校入試対策社会「日本の産業史の対策問題」

高校入試対策社会「日本の産業史の対策問題」です。

スポンサーリンク

日本の産業史の対策問題

下の文章についての次の問いに答えなさい。
【問1】(1)~(10)の文章中のア~トの(  )に当てはまる語句を語群から選び、記号で答えなさい。
【問2】(1)~(5)の時代を古い順に書きなさい。
【問3】(6)~(10)の時代を新しい順に書きなさい。

(1)明治新政府は、欧米の強国に対抗するため( ア )のスローガンのもと経済を発展させ国力をつけることを目指した。また、近代産業を育てることを目指した( イ )を勧め、群馬県の( ウ )などの官営模範工場をつくった。

(2)織田信長は( エ )城下において、商工業を発展させるために、市場の税を免除し座の特権を廃止する( オ )の政策をとった。

(3)平城京は( カ )の都( キ )にならってつくられ、( ク )の目のように区画された。

(4)物価は上司い、農民や労働者の生活は苦しくなった。このような背景の中で、普通選挙をもとめる大正( ケ )がおこった。

(5)1950年代後半から( コ )とよばれる経済成長をとげる。

(6)( サ )の門前や交通の便利なところでは、( シ )が開かれるようになった。

(7)( ス )の影響で、( セ )街道が整備され、港町、宿場町、門前町が栄えた。この時代の商工業者の同業者は( ソ )と呼ばれた。また金銀を交換する高利貸しを( タ )と呼び大名に貸し付けた。

(8)三井・三菱・住友などの資本家は、金融・貿易・鉱山業などの多角経営を行い、( チ )に成長した。

(9)第一次世界時には輸出が急増し、輸出が輸入を上回る好景気となった。農業生産額を( ツ )生産額が上回った。

(10)平安京(都)の東西に( テ )ができ、( ト )という貨幣も発行された。

(語群)
あ:財閥 い:重 う:富岡製糸場 え:デモクラシー お:朝鮮 か:富国強兵 き:市 く:漢 け:清 こ:隋 さ:唐 し;寛永通宝 す:富本銭 せ:馬借 そ:長安 た:座 ち:安土 つ:江戸 て:大阪 と:六 な:天下の台所 に:ごはん ぬ:和同開珎 ね:寺社 の:楽市・楽座 は:定期市 ひ:参勤交代 ふ:五 へ:両替商 ほ:株仲間 ま:殖産興業 み:軽 む:商業 め:韓国 も:中国 や:朝鮮 ゆ:高度経済成長 よ:工業

日本の産業史の対策問題の問題

【問1】
ア:か
イ:ま
ウ:つ
エ:ち
オ:の
カ:さ
キ:そ
ク:に
ケ:え
コ:ゆ
サ:ね
シ:は
ス:ひ
セ:ふ
ソ:ほ
タ:へ
チ:あ
ツ:よ
テ:き
ト:ぬ

【問2】3・2・1・4・5
【問3】9・8・7・6・10

コメント

テキストのコピーはできません。