中3数学「三平方の定理の逆の定期テスト過去問分析問題」

中3数学「三平方の定理の逆の定期テスト過去問分析問題」です。

■三平方の定理の逆
三角形の3辺において、a2+b2=c2が成り立つと直角三角形になる。
スポンサーリンク

三平方の定理の逆の定期テスト過去問分析問題

次の長さを3辺とするア~ウの三角形のうち、直角三角形はどれですか。
ア 1cm、3cm、√13cm
イ 3cm、6cm、8cm
ウ 12cm、16cm、20cm

三平方の定理の逆の定期テスト過去問分析問題の解答

次の長さを3辺とするア~ウの三角形のうち、直角三角形はどれですか。
ア 1cm、3cm、√13cm
12+32=10  (√13)2=13 直角三角形でない。

イ 3cm、6cm、8cm
32+62=45 82=64 直角三角形でない。

ウ 12cm、16cm、20cm
122+162=400 202=400 直角三角形である。

(答え)ウ

コメント

テキストのコピーはできません。