中学理科「酸化銅の還元のポイントまとめ」

中学理科「酸化銅の還元のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

酸化銅の分解(酸化・還元)のポイント

酸化銅の還元モデル図

  • 銅を空気中で加熱すると、空気中の酸素が化合して黒色の酸化銅になります。この酸化銅を、炭の粉(炭素)を混ぜて加熱すると、酸化銅から酸素が外れて銅に還元され、炭素は逆に酸素が化合して二酸化炭素になります。
  • 黒色の酸化銅ですが、炭素によって完全に還元が完了すると、赤褐色の銅になります。
  • 酸化銅は、炭素Cだけでなく水素H2によっても還元できます。これは、酸素Oが銅Cuよりも水素Hと結合しやすいからです。水素は酸化されて水になります。

銅と酸素の化合(酸化銅)と質量の変化

一定の質量の金属と化合する酸素の質量は決まっています。金属を加熱すると、化合した酸素分だけ質量が増えていくが、やがて酸素がそれ以上化合しなくなり、一定の質量になります。加熱の回数を増やしていくと、質量が増えなくなり一定になるということです。すべての酸素と化合したからです。

コメント

テキストのコピーはできません。