中2理科「酸化銅の還元の定期テスト過去問分析問題」

中2理科の酸化銅の分解(酸化・還元)の問題です。学習のポイントは、酸化銅の分解すると、酸化と還元が起こるということです。そのあたりを問題を解きながら理解をしていきましょう。

スポンサーリンク

酸化銅の還元の定期テスト過去問分析問題

酸化銅と炭素の混ぜ合わせた混合物を加熱したときに起こる変化について調べる実験を行った。下の(   )内は、その実験の手順と結果の一部です。

<手順>

  1. 酸化銅の粉末6.00gと炭素の粉末0.45gを、乳鉢と乳棒を用いてよく混ぜ合わせた。
  2. 1の混合物を試験管Aに入れ、ガスバーナーで加熱した。
  3. 気体の発生がみらてなくなったところで加熱を止め、試験管A内に残った物質の質量を調べた。
  4. 酸化銅の粉末の質量は6.00gのまま変えずに、炭素の粉末の質量だけを0.45gから0.15gずつ少なくしたり多くしたりして1~3と同様のことを行った。

<結果>

混ぜ合わせた炭素の粉末の質量(g)0.150.300.450.600.75
試験管A内に残った物質の質量(g)5.605.204.804.955.10

酸化銅の粉末6.00gと炭素の粉末0.45gを混ぜ合わせて加熱したとき、混合物は完全に(過不足なく)反応した。

問1 酸化銅に起こった化学変化を、炭素に起こった化学変化に対して何というか・
問2 (  )に適当な数値をいれと。酸化銅の粉末6.00gと炭素の粉末0.45gを混ぜ合わせて加熱したとき、加熱を初めてから混合物が完全に反応を終えるまでに、(  )gの気体が発生したと考えられる。
問3 酸化銅の粉末6.00gと炭素の粉末0.30gを混ぜ合わせて、気体が発生しなくなるまで加熱したとき、試験管A内に残った固体の物質は何か。完結に書きなさい。

酸化銅の還元の定期テスト過去問分析問題の解答

問1 還元
問2 1.65 (加熱前の全体6.45g-試験管A残った物質(銅)4.80g=1.65g)
問3 酸化銅と銅

コメント

  1. ぴーキューるか より:

    役に立ちました。各単元ごとに、このような解説があると更に助かります。また利用したいです。

テキストのコピーはできません。