中1理科の「力の作用と反作用」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「力の作用と反作用」についてまとめています。作用と反作用は、2つの物体にはたらく2つの力を表すときにいいます。それでは、中1理科の「力の作用と反作用」のまとめです。

力の作用と反作用

ばねの一端を固定し、他端を手で引っ張ってみると、手を引いた向きとは反対の向きにばねが手を引っ張っている。また、ブランコにのった人が、 隣のブランコにのった人を引っ張ると、自分も相手のほうに引き寄せられる。このとき、一方の力を作用(反作用)といい、他方の力 を反作用(作用)という。

スポンサーリンク

作用・反作用の法則

2つの物体の間で、一方が 他方に力をはたらかせるとき、必ず相手からも自分作用のほうに対して力がはたらいている。このとき、「作用と反作用とは、同じ直線上ではたらき、大きさが等しく、向きが反対で、それぞれ別の物体にはたらいている。」 これを作用・反作用の法則といいます。 ニュートンの運動の第三法則ともいわれます。

作用・反作用の法則の性質

直接ふれあっている物体どうしにはたらく近接作用の力だけでなく、空間をへだててはたらく電気の力や磁力などの遠隔作用の力でも成り立つ。

2力のつり合いと作用・反作用の関係

作用と反作用は、2つの物体の間にはたらく2力をそれぞれの物体から見て名づけたもので、2つの物体の間にはたらいていて大きさが等しく、向きが反対の2力である。2カのつり合いは、大きが等しく、向きが反対の2力が、1つの物体にはたらくとき生じる。

まとめ

物体Aが物体Bに力を加えるときには、物体Aは物体Bから必ず力を受けます。このとき、物体Aが物体Bに加える力を作用、物体Bが物体Aにおよぼす力を反作用といいます。

  • 作用と反作用の大きさは等しく、同一直線上にあり、向きが反対です。

あわせて確認

以上が、中1理科の「力の作用と反作用」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク