中3理科の「生物のつり合い」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中3理科の「生物のつり合い」についてまとめています。自然界の生物は食物連鎖の中でつり合いを保ちながら生活していています。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中3理科の「生物のつり合い」のまとめです。
参考中3理科の「生物界のつながり(食物連鎖)」まとめ・練習問題

生物どうしのつり合い

生物どうしのつり合い
ある一定地域内に生活している生物は、食物連鎖の関係 でつながっており、その種類や数はほとんど変化がなく、全体としてつり合いが保たれている。動物の場合は、えさ とする生物の量によって生存できる量が決まってくるし、光合成によって自分で養分をつくり出すことのできる緑色植物も、土中の養分や光の量によって量が決まってくる。したがって自然の状態では、ある特定の種の生物だけが無制限にふえ続けるということはない。ある生態系の中の各栄養段階の生産量の割合は、食物連鎖のはたらきによって、一定に保たれている。

スポンサーリンク

被食者であるカンジキウサギと捕食者であるオオヤマネコの個体数の変動では、ウサギの数がふえるとウサギをえさとしているヤマネコの数もふえるが、ウサギの数が減るとヤマネコはえさが少なくなるので、その数が減る。このように、自然界ではふつう生物のうちのある種類だけ が急激にふえ続けたり減り続けて絶滅することはない。

まとめ

  • 生態系…ある環境の中で、そこに生きる生物と生物どうしやその環境との関連性を1つのまとまりを見たものです。
  • 食物連鎖…食べる・食べられるという関係による生物間のつながり。
  • 食物網…食べる・食べられるの関係は、複雑にいりくんだ網目状のものになっています。
  • 生産者…生態系において、無機物から有機物をつくるもの。植物は、生産者です。海洋では、植物プランクトンがおもな生産者です。
  • 消費者…つくられた有機物を食べるもの。動物は消費者です。

食物連鎖における数量関係

植物をもっとも下の層にした階段状のピラミッドで表せます。消費者は、ふつう食物連鎖で上位にくるものほど数は少ないです。

生物界のつり合い…ある生態系において、ある段階の生物の数量に一時的な増減であっても、その数量は再びもとに戻り、つり合いが保たれます。

あわせて確認

以上が、中3理科の「生物のつり合い」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る