中学公民「生産と労働の定期テスト過去問分析問題」

中学公民「生産と労働の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

生産と労働の定期テスト過去問分析問題

図を見て、次の問いに答えなさい。

<図>
株式会社問題図

【問1】次の(1)~(3)の問いに答えなさい。
(1)図の株式会社のしくみについて、A~Dにあてはまる語句を次の語群から選びなさい。

(語群)利潤 取引 常任委員会 労働者 損失 利潤 取締役会 株主総会 株式 国際 資本 付加価値

(2)次の事例について、X社の株価はどのように変動すると予想されますか。簡単に説明しなさい。

(事例)X社が開発した商品が消費者の間で話題となり、ヒットした。

(3)次の①~④の文は、現代の日本企業の特色について述べたものです。(ア)~(エ)にあてはまる語句や文を答えなさい。
①日本の企業数の約99%は、( ア )企業である。
②経済の自由化と( イ )化が進展し、大企業の中小企業の賃金や労働時間の格差が拡大している。
③技術の新しい可能性を求めて事業を起こした企業は( ウ )企業と呼ばれ、日本経済の活性化を期待されている。
④( エ )を求めて、海外の国々に現地籍の企業をつくる多国籍企業が増えている。

【問2】次の(1)~(3)の問いに答えなさい。
(1)労働者がしようと対等の立場に立つために結成する組織を何といいますか。

(2)労働三法のうち、労働者の使用者の間で調整を図るための法律を何といいますか。

(3)学校を卒業して最初に就職してから、定年まで同じ企業で雇われ続けることを何といいますか。

生産と労働の定期テスト過去問分析問題の解答

【問1】
(1)
A 株式
B 資本
C 株式総会
D 利潤

(2)株価が上がる

(3)
ア 中小
イ グローバル
ウ ベンチャー
エ 広大な市場と安い労働力

【問2】
(1)労働組合
(2)労働関係調整法
(3)終身雇用

コメント

テキストのコピーはできません。