中学歴史の「旧石器時代」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「旧石器時代」についてまとめています。日本でも、岩宿遺跡の発掘で、旧石器時代の存在が確認されました。このあたりについてもふれています。それでは、中学歴史の「旧石器時代」のまとめです。

旧石器時代

日本の旧石器時代は、日本列島成立の約1万年前までの数万年間は続いたと推測さる。しかし、かつて日本では旧石器時代の存在を証明するものが発見されなかったため、旧石器時代はなかったと考えられた。

ところが、太平洋戦争後の1946年に、群馬県岩宿で相沢忠洋氏が、関東ローム層の中から黒曜石の打製石器を発見したのをきっかけに、1949年から本格的な発掘調査が行われた。

スポンサーリンク

岩宿遺跡

この岩宿遺跡は2万~3万年前のもので、これによって、日本にも旧石器時代があったことが確認された。その後、野尻湖遺跡(長野県)・茂呂 遺跡(東京都)などが発見され、さらに年代がさかのぼる旧石器時代の遺跡の調も進められている。

旧石器時代の人々の生活

人々は打製石器を使い、採集・狩り・漁の生活をしていた。旧石器時代の化石人骨としては、港川人・浜北人などがあるが、日本列島は酸性土壌のため、リン酸カルシウムの骨は残りにくく、発見された人骨の数はあまり多くはない。

また、10人程度の小集団で、一か所に長期間定住することはなく、小集団で、獲物を求めて一定の範囲を移動していた。そのため、.テント式の小屋や 一時的に岩かげや洞くつを住居にしたと考えられている。

あわせて確認

以上が、中学歴史の「旧石器時代」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る