中学公民の「選挙区制の種類」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「選挙区制の種類」についてまとめています。選挙区制の種類は、小選挙区制、大選挙区制比例代表制などがある。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「選挙区制の種類」のまとめです。

選挙区制の種類

議員を選ぶ選挙区制には、小選挙区制、大選挙区制、比例代表制などがある。

スポンサーリンク

小選挙区制

小選挙区制は、1選挙区から代表1名を選出する選挙区制をいう。各政党は、それぞれの選挙区に1名しか候補者を立てないため、有力な候補者を多くもつ大政党に有利な選挙区制となりやすい。

大選挙区制

大選挙区制は、1選挙区から2名以上選出する選挙区制をいう。大政党は、それぞれの選挙区に複数の候補者を立てるため同士打ちとなる場合がある。小党分立をまねきやすい選挙区制である。

比例代表制

比例代表制は、選挙で各政党が得た得票数に応じ議席を各政党に配分するしくみで、国民の支持政党の割合を、できるかぎり議会に反映しようとする制度。死票が少なく、国民のさまざまな意見が反映されるが、小政党が分立して政権が不安定になりやすい。

衆議院議員の選挙

衆議院議員の選挙は、議員数475名のうち、295名を小選挙区制で選び、残り180名を比例代表制で選ぶ。

この方法は、特に小選挙区比例代表並立制とよばれている。

参議院議員の選挙

参議院議員の選挙は、議員数242名のうち, 146名を43都道府県と2つの合区を選挙区とした選挙区制で選び、残り96名を全国を1つの単位とした比例代表制で選ぶ。ただし、参議院は3年ごとに半数を改選しているため、1回の選挙で選ばれるのは、選挙区選出議員は73名、比例代表 選出議員は48名となる。

参議院議員選挙の比例代表制では、投票のとき政党名を書いても、候補者名を書いてもよい。これを非拘束名簿式比例代表制という。衆議院議員選挙の比例代表制は、政党名を書いて投票する。

あわせて確認

以上が、中学公民の「選挙区制の種類」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク