中学公民の「選挙の原則」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「選挙の原則」についてまとめています。制限選挙から普通選挙へと拡大し、選挙の原則として、普通・秘近平寺・直接選挙が選挙のできていきました。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「選挙の原則」のまとめです。

選挙

選挙は、主権者であるが国民が政治に参加する最大の機会です。 代表者(議員)を選び、議会政治を実現するために最も重要な制度です。

スポンサーリンク

選挙制度

選挙は、公正に代表者を選ぶために四原則が確立されている。

  • 普通選挙…満18歳以上の男女に選挙権を保障している。
  • 秘密選挙…すべての選挙は、投票用紙に投票者の氏名を書かない無記名投票で実施される。
  • 平等選挙…1人1票で、投票の価値をすべて等しくする。
  • 直接選挙…選挙人は,候補者に対し直接投票する。

直接選挙に対して、間接選挙の例としてはアメリカの大統領選挙がある。アメリカの大統領選では、一般の有権者が大統領選挙人を選び、その選挙人が大統領を選挙するという間接選挙を採用している。この大統領選挙人による選挙で、過半数の選挙人を得た候補者が大統領に選出される。

まとめ

  • 普通選挙…満18歳以上のすべての国民に選挙権がある。日本国憲法で保障されるまでは財産・性別により無制限されていた。
  • 平等選挙…誰もが一人一票を持つ。
  • 直接選挙…国民が議員など直接選出する。
  • 選挙秘密…選挙無記名で投票する。

あわせて確認

以上が、中学公民の「選挙の原則」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る