中学理科「斜面に沿った運動のポイントまとめ」

中学理科「斜面に沿った運動のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

斜面上を下りる運動

斜面を下る運動のグラフ

力がはたらくと物体の速さが変化する。なめらかな斜面上を台車がすべて落ちるときの運動では、速さは時間に比例してはやくなる。一定時間の増加分は等しい。また、移動距離は、時間の2乗に比例して大きくなる。

また、斜面の傾きが大きくなればなるほど、台車のすべり落ちる速さは、はやくなる。それは、傾きが大きいほど、台車の重力の斜面に沿った向きの分力が大きくなるからである。

等加速度運動

単位時間あたりに一定の割合で速度が変化する運動。斜面に沿った運動や自由落下は、一定の割合で速度が増加していく等加速度運動である。等加速度直線運動における移動距離は、時間の2乗に比例する。

摩擦のある水平面上での運動

逆向きの力がはたらくと速さは小さくなる。

  • 摩擦のある水面上での運動…速さは次第に小さくなる。
  • 摩擦力…物体の運動を妨げる力。
  • 斜面をのぼる運動…力が反対向きにはたらくの速さはしだいに小さくなる。

コメント

テキストのコピーはできません。