中1理科の「示相化石と示準化石」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「示相化石と示準化石」についてまとめています。

示相化石

化石のなかには、その化石が生活していた当時の自然環境を知る手がかりになるものがある。このような化石を示相化石という。生物のなかには、たとえば寒い地域にも温暖な地域にも広く分布しているものや、海の深いところにも浅いところにもすむものがある。このような生物が化石となって出ても、自然環境を知る手がかりとしては価値が低い。

したがって 示相化石としての価値の高い化石は、ある限られた環境だけに生活している生物であることが必要である。

示準化石

その化石を含む地層の新旧(地質時代)を知る手がかりとなる化石をいう。生物は地球上にはじめて発生して以来、しくみの単純な下等なものから、しくみの複雑な高等なものへと進化、その過程で多種多様な生物が現れたり消えたりした。

したがって、化石のなかには現在生きていないものも非常に多く、このようなものは、過去のある特定の時代にだけ生きていたことになる。 示準化石の場合も示相化石と同じように価値の高いものと低いものがある。たとえば大昔から少しも変わらずに現在まで生きているような生物は、その化石で地質時代を決めることはできない。

示準化石になるためには、その種類の生存期間が短いことが重要な条件である。つきに重要なもう1つの条件は、分布が広く、個体数の多いことである。生存期間が短くても、特定の地域だけにしか出なかったり、個体数が少なくてめったにしか出ないようでは役にたたないことになる。

まとめ

示相化石は、自然環境。示準化石や年代がわかる。

  • 化石…地層中に残された大昔の生物の死骸、生物の足跡、生物の住んでいた跡など。
  • 示相化石…地層が堆積した当時の自然環境がわかる。アサリは、浅い海。サンゴは、暖かくて浅い海。
  • 示準化石…地層が堆積した年代がわかる。フズリナは古生代。アンモナイトは中生代。ビカリアは新生代。
スポンサーリンク

あわせて確認

以上が、中1理科の「示相化石と示準化石」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る