高校入試対策・面接「予想外の質問の対処の方法」

シェアする

スポンサーリンク

高校入試対策・面接「予想外の質問の対処の方法」についてまとめています。面接の質問では、予想外の質問がされることも少なくありません。回答の準備をしていなかったという質問もここでは含みます。そのあたりの対処法について詳しく記述しています。それでは、高校入試対策・面接「予想外の質問の対処の方法」です。

予想外の質問の対処の方法

面接試験対策として、質問されるであろう内容を考え、答えも用意し ませんが、実際の面接試験では、あらかじめ考えておいた質問以外のこことがよくあります。そんな時はどうすればよいのでしょう。

そんな時の対処法としては、とりあえずはできるだけ粘って考えるということは大切です。すぐに「わかりません。」と投げてしまわないで、例えば。「いま時間をいただけませんか。」などと言って考えるのです。そうすれば、必ず何かは浮かんでくるものです。

スポンサーリンク

答えが浮かばない場合

どうしても考えつかなかったり、その話題自体を知らなかったりしたときはどうでしょう。そんな時は、「そのことは残念ながらわかりませんが、家に帰ったら調べてみますなどと、前向きな姿勢を示しながら答えるようにします。たとえ答えられなくても、この「前向きな姿勢」は評価されるはずです。

気をつけるべきこと

あいまいな知識をもとに知ったかぶりをして答えたり、ましてウソをついて答えたりするのはよくありません。そんなことをしてもすぐに見破られて、最悪の結果にしかなりません。

さらに、わざとあなたの心をかき乱すような質問や反論を面接官が投げかけてくる場合がないとは言えません。これを圧迫面接というのですが、こういう時には決して感情的になってはいけません。まずは、こういう面接があることを知ったうえで、怒りや反抗の気持ちを抑える努力をしましょう。そして、そのような挑発には乗らずに、自分の思うところを冷静に答えられれば申し分ありません。

あわせて確認

以上が、高校入試対策・面接「予想外の質問の対処の方法」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク