▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中学公民「消費者の権利と保護の練習問題」

スポンサーリンク

消費者の権利・保護の練習問題

【問1】資料を読んで、次の問に答えなさい。

<資料>
第一条 この法律は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における製造業者等の損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

(問い)この使用は、1994年に制定された、欠陥商品によって消費者が被害を受けた際の企業の責任について定めた(     )という法律の一部です。(   )に適語入れよ。

【問2】次の資料は、Aさんの家庭のある月の家計の支出を示したものです。「消費」にあたる支出の合計金額を求めよ。

項目金額(円)
住居(光熱水費を含む)150,000
食料60,000
衣服10,000
交通・通信30,000
教育・習い事30,000
娯楽20,000
銀行預金30,000
社会保険料55,000
税金25,000

消費者の権利の解答

【問1】製造物責任法(PL法)

【問2】消費は、住居、食料、衣服、交通・通信、教育・習い事、娯楽がそれに該当します。銀行預金は、貯蓄、社会保険料と税金は、非消費支出に分類されます。よって、300,000円となります。

確認中学公民「消費者の権利と保護のポイントまとめ」

コメント