中2理科「消化と吸収のポイントまとめ」

食物の消化と吸収の練習問題です。学習のポイントは、消化器官のそれぞれのはたらきを確実に押さえましょう。酵素のはたらきもそれぞれ押さえておく必要があります。練習問題もつけているので、全問正解できるまで繰り返ししましょう。

スポンサーリンク

消化

消化とは、食物を噛み砕いたり、消化液によって粒を小さくすることです。粒が小さくなることで水に溶ける養分になり、血液中に吸収することができるようになります。血液中に吸収できれば、血液成分の血しょうが全身に養分を送り届けてくれます。食物にふくまれる大きな分子のデンプンやタンパク質、脂肪のままでは、体内に吸収できないので、吸収されやすい小さな分子に分解されます。

デンプンの消化

  • デンプン→(だ液中のアミラーゼ)→麦芽糖など→(すい液中の消化酵素)→麦芽糖→(小腸のはたらき)

その他の消化

  • 炭水化物→だ液、すい液、腸液で消化される。
  • タンパク質→胃液、すい液、腸液で消化される。
  • 脂肪→胆汁によって消化を助けるはたらきを受け、すい液で消化される。
スポンサーリンク

吸収

消化された養分は小腸で吸収されます。小腸の内側はひだ状になっており、その表面は「柔毛」という無数の突起物で覆われています。柔毛のような作りは、表面積を大きくするのに役立っており、効率よく養分を吸収できるようになっています。

吸収の例

  • ブドウ糖→毛細血管
  • アミノ酸→毛細血管
  • 脂肪(脂肪酸とモノグリセリド)→リンパ管
スポンサーリンク

消化酵素

消化液にふくまれ、消化のはたらきを行う物質。ちょうどヒトの体温に近い温度、40℃付近でよくはたらきます。消化酵素は、それぞれにはたらく物質が決まっています。

酵素の例

  • だ液→アミラーゼ(炭水化物(デンプン)を消化する。)
  • 胃液→ペプシン(タンパク質を消化する。)
  • 胆汁→消化酵素を含んでいない(脂肪の消化を助けるはたらきをする。)
  • すい液→トリプシン、リパーゼ(トリプシンはタンパク質、リパーゼは脂肪を消化する。)

ヒトの消化器官

食物から必要な養分をからだの中にとり入れるはたらきている部分を、消化(または消化器)という。

●ロ
下あごが上下に動いて、歯が食物を細かくくだき、舌がこれを助けて、食物とだ液をよくまぜあわせている。だ液せんには、耳下せん・舌下 せん・がっ下せんの3対があり、それぞれだ液を分泌している。

だ液の中には、アミラーゼという消化酵素が含まれてて、デンプンを分解して麦芽糖にする。また、この作用のほか、だ液は、食物をしめらせて、食道を通りやすいようにしている。

●食道
気管の背中側にある、長さ約25cmの管。食道の壁は筋肉でできていて、食物や液体を筋肉の収縮によって、しごくようにして胃のほうに送る。食道は気管の後ろにあるのに、食物を飲みこむときに、食物は気管のほうにはいらない。これは、食物を飲みこむとき、気管が反射作用で上に引き上げられ、気管がふさがれるようになるからである。

●胃
約1.5Lの容積をもったじょうぶな筋肉の袋で、内面には多数のひだがあり、胃せんが口を開いている。胃せんからは、塩酸を含んだ酸性の強い胃液が出る。胃では、この胃液によって食物を殺菌しタンパク質の一部を消化する。これは、胃液に含まれているペプシンという消化酵素の作用による。

●すい臓
胃の下にあり、すい液を分泌する。すい液は、デンプン・脂肪・タンパク質を消化する消化酵素を含んだ強力な消化液である。また、この消化液を分泌するすいせん細胞の間にあるランゲルハンス島という組織から、インシュリンというホルモンを分泌する。 このホルモンが少なくなると、血液中 のブドウ糖の量がふえ、尿の中にブドウ 糖が出てくる糖尿病になる。

スポンサーリンク

だ液のはたらきを調べる実験

だ液には、アミラーゼという消化酵素が含まれていて、デンプンをブドウ糖が2個つながったもの(麦芽糖)や3個以上つながったものに分解します。

次のように、4本の試験管を準備し。試験管AとCにはデンプンのりとだ液を、試験管BとDにはデンプンのりと水を入れ、試験管AとBは40℃のお湯が入ったビーカーに、試験管CとDは氷水が入ったビーカーにそれぞれ入れます。

実験結果

試験管A、B、C、Dに指示薬を入れ、色の変化を見てみると次のような変化が現れます。

 試験管A試験管B試験管C試験管D
入っている物質デンプン+だ液デンプン+水デンプン+だ液デンプン+水
温度40℃氷水
ヨウ素液変化なし青紫色青紫色青紫色
ベネジクト液赤褐色の沈殿変化なし変化なし変化なし

試験管AとBの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素はデンプンを糖に変えるはたらきがあることがわかります。

試験管AとCの結果をくらべると、だ液の中の消化酵素は40℃に近い温度でよくはたらくことがわかります。

わかったこと

  • だ液の中の消化酵素は、デンプンを糖に変えるはたらきがある。
  • だ液の中の消化酵素は、40℃に近い温度でよくはたらく。

ヨウ素液

デンプンと反応して青紫色に変化します。

ベネジクト液

麦芽糖やブドウ糖などがある液に加え、加熱すると、赤褐色のの沈殿ができます。

コメント

テキストのコピーはできません。