中学歴史「聖徳太子の政治と飛鳥文化のポイントまとめ」

飛鳥時代や聖徳太子の政治改革についてです、聖徳太子をはじめ、登場人物が多いので、誰が何をしたのかをあやふやにすることなく、覚えていきましょう。

スポンサーリンク

6世紀のアジアの状況

500年代後半の中国朝鮮日本国内の動きについては、

  • 中国…6世紀末に隋が南北朝統一。
  • 朝鮮半島…6世紀に百済や新羅や勢力を強める。
  • 国内…蘇我氏・物部氏などが皇族の争いは続いた。

聖徳太子の政治内容

聖徳太子は、推古天皇の摂政となり、蘇我馬子と協力し、中国や朝鮮に学んで、大王中心の政治制度を整えようとする。摂政とは、天皇が女性や幼少の時に代理として政治を行うことです。

  • 冠位十二階の制度…家柄にとらわれず才能や功績のある人物を役人に取り立てる。
  • 一七条の憲法…仏教や儒学の教えを取り入れ、役人の心構えを示す。
  • 遣隋使…小野妹子などを隋に送る。隋の進んだ制度や文化を取り入れるために送られた。
■十七条の憲法(テストによく出るはじめの3条)
一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。(略)
二に曰く、篤く三宝を敬へ。三宝とは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。(略)
三に曰く、詔を承りては必ず謹(つつし)め、君をば天(あめ)とす、臣をば地(つち)とす。(略)

飛鳥文化

飛鳥文化は、奈良盆地南部の飛鳥地方を中心に栄えた。

  • 仏教の伝来…6世紀半ばに仏教や経典が百済から朝廷に送られる。
  • 日本最初の仏教文化…インドや西アジアのなどの文化の影響を受ける。法隆寺の釈迦三尊像など。

コメント

テキストのコピーはできません。