中学公民の現代社会の「社会集団ときまり」のまとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

現代社会の「社会集団ときまり」についてのまとめです。社会的存在である人間の生活に合意の努力が必要であることやきまりは社会生活を円滑にと営むためにつくられることについてまとめています。それでは、中学公民の現代社会の「社会集団ときまり」についてのまとめをみていきましょう。

集団社会

集団社会は、社会生活の単位。人間は社会集団に属さないと生きていくことも生活も豊かにすることもできない。

スポンサーリンク

社会集団の分類

  • 家族や地域社会など…生まれた時から所属して、社会習慣を身につける。
  • 学校・部活動・会社など…目的を持って、自分から参加し、能力を伸ばしで収入を得たりする。
    色々な社会集団に属する人間は社会的存在である。

対立と合意

社会生活は、合意の努力で成立。

  • 対立…各自の考えや求めるものが違って生じる。
  • 合意…互いに話し合って意見を調整しながら最終的に皆が受けられる解決策を決める。

効率と公正

みんなが納得できるかどうかを判断するための代表的な考え方。

  • 効率…みんなの時間やモノ・労力などを無駄なく使うという考え方。
  • 公正…個人を尊重し、特定の人が不当に扱われることがないようにするという考え方。

きまり

きまりは、社会生活を円滑にと営むためにつくられる。規則・ルール・契約・条約などがある。

  • 意義…きまりは対立を調整し、トラブルを解決したり、未然に防いだりする。
  • 作り方…だれに権利があり、どのような義務や責任があるかを明らかにする。決まりを守ることによって社会集団の秩序を保つことができる。

採決の仕方

最適な方法を選ぶことが重要。

  • 全員一致…一人でも反対するとうまく解決できない場合。
  • 多数決…一定の結論を出さなければならない場合。多数決で決定する場合は、少数意見を尊重する。決まりの評価と見直しによって、状況の変化に応じて、見直し、変更することが大切。

あわせて確認

練習問題

次の問いに答えよ。
問1 日本の食料自給率はどうであるか。。
問2 若者が減り,高齢者が増えている社会をなんというか。
問3 人間はさまざまな社会集団に属することから,なんと呼ばれるか。
問4 物事を決めるとき,多数の意見を取り入れる原理をなんというか。
問5 問4の際,気をつけなければならないのはなにか。
問6 日本国憲法の三つの基本を答えなさい。
問7 日本国憲法において,天皇の地位はどのように定められているか。
問8 大日本帝国憲法の公布年月日を答えなさい。
問9 『統治二論』を書いた人物は誰か。
問10 『法の精神』を書いた人物は誰か。
問11 『社会契約論』を書いた人物は誰か。
問12 1985年に定められた男女の雇用について定めた法律をなんというか。
問13 1999年に定められた男女の能力を十分に発揮できる社会を目指した法律をなんというか。
問14 生存権について説明しなさい。

解答

問1 低い
問2 少子高齢社会
問3 社会的存在
問4 多数決の原理
問5 少数意見の尊重
問6 基本的人権の尊重,国民主権,平和主義
問7 象徴
問8 1889年2月11日
問9 ロック
問10 モンテスキュー
問11 ルソー
問12 男女雇用機会均等法
問13 男女平等参画社会基本法
問14 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク