中学公民の「主権国家と国際連合」についてのまとめ

スポンサーリンク

「主権国家と国際連合」についてのまとめです。主権国家を中心に構成される国際社会には国際法があることや国際連合の最大の目的は世界の平和維持することなどについてまとめています。それでは、中学公民の「主権国家と国際連合」についてのまとめをみていきましょう。

主権国家

主権国家は、主権を持つ国々で。国家と国旗を持つ。

スポンサーリンク

主権の構成

  • 内政不干渉の原則…ある国が他国に支配されたり、干渉されたりしない権利。
  • 主権平等の原則…他の国々と平等である権利。

領域

領域は、国の主権が及ぶ範囲。

  • 領土…国家の主権が及ぶ陸地。
  • 領海…沿岸より一定の範囲。12海里(約22キロ)以内が定着。
  • 領空…領土と領海の上空。一般的に大気圏内。

経済水域

領海の外側の沿岸から200海里までの水域。水域内の漁業資源や鉱産資源の権利は沿岸国にある。

  • 公海自由の原則…経済水域の外側の公海はどこの船や漁船も自由に航行や創業ができる。
  • 国際法…国と国とか結ぶ条約や長い間の慣行が法となった国際慣習法など国際社会のルール(決まり)。主権を尊重し合っていくために各国は国際法を尊重し国際協調を維持向上させることが求められる。

国際連合

国際連合の最大の目的は世界の平和維持すること。

  • 国際連合…1945年国際連合憲章を採択して成立。

国連の仕組み

主な機関と専門機関など.

  • 総会…全加盟国からなる。年1回、定期的に開かれる。
  • 安全保障理事会…世界の平和と安全の維持が目的。

国連の構成

アメリカ・ロシア連邦・イギリス・フランス・中国の常任理事国と10カ国の非常任理事国。常任理事国は安全保障理事会で常任理事国のうち1国でも反対すると採決できないという拒否権を持つ。

国際連合の働き

世界の平和と安全を維持する平和維持活動(PKO)で紛争地域で停戦の監視など行う。世界の人々の暮らしを向上させるWHO(世界保健機構機関)などの専門機関や国際児童基金(UNICEF ユニセフ)などの様々の国際機関が活動。

あわせて確認

コメント

  1. […] ル化や科学技術の発展で人権の考え方が変化。 参考中学公民の「主権国家と国際連合」についてのまとめ […]

  2. […] 「主権国家と国際連合」についてのまとめ […]