▶ YouTubeで学ぶ「中学生のためのマサノリ先生の授業」

中2理科「セキツイ動物の特徴と分類のポイントまとめ」

中2理科のセキツイ動物の特徴と分類です。表にしていますので、それを参考に、丸暗記してしまいましょう。それでは、中2理科のセキツイ動物の特徴と分類をみていましょう。

スポンサーリンク

セキツイ動物の特徴

セキツイ動物は、背骨がある動物で、魚類、両生類 ハチュウ類、鳥類、ホニュウ類の5つのグループに分けられる。

子の残し方

  • 胎生…雌の子宮の中で卵が育ち、子としての体ができてから生まれること。ホニュウ類。
  • 卵生…雌が体外に卵を産むこと。魚類・両生類・ハチュウ類・鳥類。

卵や子の育ち方

水中に卵を産む動物は、1回の産卵の(子の)数は多いが、親まで育つ割合は小さい。

  • 魚類・両生類…水中に殻のない卵が産み出され、水中で受精する。子は水中でかえる。ふつう親がせわをしなくても卵が育ち子がかえる。
  • ハチュウ類・鳥類…卵は雌の体内で受精し、陸上に殻のある卵が産み出|される。子は陸上でかえる。ハチュウ類は、親が卵のせわをしなくても子がかえるものが多い。鳥類は、陸上で親が卵をあたためて子がかえり, 子はしばらくの間、親から食物をあたえられるものが多い。
  • ホニュウ類…卵は雌の体内で受精し、子宮の中で養分をもらって育つ。子は陸上で生まれ、しばらくの間、雌の乳で育てられる。クジラなど、子が水中で生まれるものもいる。

呼吸のしかた

魚類はえら呼吸。両生類は、子はえら呼吸で、成長すると肺呼吸と皮ふ呼吸になる。ハチュウ類、鳥類、ホニュウ類は肺呼吸。

体の表面のようす

魚類はうろこでおおわれている。両生類の皮ふはしめっていて、うろこはない。ハチュウ類は水を通さないかたいうろこでおおわれている。鳥類は羽毛、ホニュウ類はふつう毛でおおわれている。

体温

  • 恒温動物…外界の温度が変わっても体温が一定に保たれる動物。鳥類・ホニュウ類。
  • 変温動物…外界の温度が変わるとともに体温も変わる動物。魚類・両生類・ハチュウ類。
スポンサーリンク

セキツイ動物の分類

  • セキツイ動物…背骨をもっている動物
  • 無セキツイ動物…背骨を持っていない動物
項目ホニュウ類鳥類ハチュウ類両生類魚類
うまれ方胎生卵生(陸上に産卵)卵生(水中に産卵)
体温つねに一定周囲の温度により変わる
呼吸肺呼吸子:えら・親:肺えら呼吸
体表羽毛うろこ・こうら皮ふ裸出うろこ

呼吸の様子は、両生類の親から変わります。ここから陸上生活になるからです。体温の調節方法は鳥類から変化します。鳥類とホニュウ類は恒温動物で、体温を一定に保てるので、寒い冬や寒冷地でも生活できるようになっています。

セキツイ動物 よく出る動物

  • 魚類(サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど)
  • 両生類(カエル、サンショウウオ、イモリなど)
  • ハチュウ類(カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど)
  • 鳥類(ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど)
  • ホニュウ類(ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど)

コメント