中2理科の「セキツイ動物の特徴と分類」のまとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中2理科のセキツイ動物の特徴と分類です。表にしていますので、それを参考に、丸暗記してしまいましょう。それでは、中2理科のセキツイ動物の特徴と分類をみていましょう。

セキツイ動物の特徴と分類

  • セキツイ動物…背骨をもっている動物
  • 無セキツイ動物…背骨を持っていない動物
ホニュウ類 鳥類 ハチュウ類 両生類 魚類
うまれ方 胎生 卵生(陸上に産卵) 卵生(水中に産卵)
体温 つねに一定 周囲の温度により変わる
呼吸 肺呼吸 子:えら・親:肺 えら呼吸
体表 羽毛 うろこ・こうら 皮ふ裸出 うろこ

呼吸の様子は、両生類の親から変わります。ここから陸上生活になるからです。体温の調節方法は鳥類から変化します。鳥類とホニュウ類は恒温動物で、体温を一定に保てるので、寒い冬や寒冷地でも生活できるようになっています。

スポンサーリンク

テストによく出る動物

  • 魚類(サメ、イワシ、サンマ、ウナギ、フナなど)
  • 両生類(カエル、サンショウウオ、イモリなど)
  • ハチュウ類(カメ、ワニ、ヘビ、トカゲ、ヤモリなど)
  • 鳥類(ハト、ツバメ、ニワトリ、ペンギンなど)
  • ホニュウ類(ウマ、人間、ウサギ、クジラ、イルカ、コウモリなど)

練習問題

次の問いに答えよ。

  1. ヒトの腕、コウモリのつばさ、クジラのひれのように、もとは同じものであったと考えられるが、 現在は形やはたらきが異なっているような器官を何というか。
  2. 昆虫やクモ、貝、タコなどのように背骨のない動物を何というか。
  3. 魚やトカゲ、犬などのように背骨のある動物を何というか。
  4. 卵を産んで、なかまを増やす方法を何というか。
  5. 卵を産まず、子どもを体内である程度育ててから産む方法を何というか。
  6. 外界の温度変化によって、体温も変化する動物を何というか。
  7. 外界の温度変化によらず、体温をある程度一定に保つ動物を何というか。
  8. 水に溶けている酸素を取り入れる呼吸を何呼吸というか。
  9. 空気中の酸素を取り入れる呼吸を何呼吸というか。
  10. 植物を食べて生活している動物を何というか。
  11. 動物を食べて生活している動物を何というか。
  12. 魚類のからだは何でおおわれているか。
  13. 両生類類は変温動物と恒温動物のどちらか。
  14. ハチュウ類は主にどこで生活しているか。
  15. コウモリは、何類か。

解答

  1. 相同器官
  2. 無セキツイ動物
  3. セキツイ動物
  4. 卵生
  5. 胎生
  6. 変温動物
  7. 恒温動物
  8. えら呼吸
  9. 肺呼吸
  10. 草食動物
  11. 肉食動物
  12. うろこ
  13. 変温動物
  14. 陸上
  15. ホニュウ類

記述問題

  1. 両生類の呼吸の仕方を説明せよ。
  2. 恒温動物とはどんな動物か説明せよ。
  3. ハチュウ類や鳥類の卵に殻がついている理由を答えよ。

解答

  1. 子のときはエラと皮ふで呼吸し、親になると肺と皮ふで呼吸する。
  2. 外界の温度が変化しても、ほぼ一定に体温を保つことができる動物。
  3. 乾燥から卵を守るため。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク