中学公民「租税の役割と原則」

シェアする

中学公民の「租税の役割と影響」についてまとめています。納税は、憲法に規定された国民の三大義務の1つです。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「租税の役割と影響」のまとめです。

租税の役割と影響

租税には、累進課税によって人々の所得を再分配し、所得の平等化を図ることや、福祉の向上、生活環境の整備、産業の発展などに使われることで、国民の生活を向上させる役割がある。

スポンサーリンク

重い課税

重い課税を行った場合、消費のための支出や産業への投 資をおさえてしまい、経済活動が不活発になる。逆に減税を行った場合は、経済活動は活発になり、特定の産業への税金を軽くすれば、その産業を支援することになる。

不公平な課税を行った場合、国民の政治への不信が増大する。

租税の原則

課税する際に守るべき原則に 次のようなものがある。

  • 公平の原則…租税の負担は、収入に比例して公平であること。
  • 明確性の原則…納税の期日・方法・金額などが明確であること。
  • 便宜の原則…納税の時期や方法が、納税者に便利であること。
  • 徴税費最少の原則…徴税費用ができるだけ少なくてすむこと。

公債とその問題点

国の公債を国債、地方公共団体の公債を地方債という。 国や地方公共団体は、予算を決めるにあたって歳入が不足することがあり、その場合、借金をしてその年の歳出をまかなうことになる。この借金が公債で、国の公債を国債、地方公共団体の公債を地方債という。

国債

国債は、道路や港湾などの建設事業の費用にあてるための建設国債と、その年に必要な財政収入の不足分を補うための赤字国債(特例国債)とがある。

日本の国債の発行額は、先進国の中で最も多く、発行残高は年々増え続け、2015年度には、国債残高が800兆円を超えた。国債価格の下落による金融機関への打撃も心配され、国は新規の公債の発行を減らすため、特殊法人の統廃合や公共事業の見直しなどの政策を進めている。

赤字国債の場合、日本銀行によって買い取られることが多いが、これは通貨量の増加をまねき、インフレになる危険が大きい。公債を大量に発行すると、その利子や元金を支払うための財政負担が大きくなる。財政負担が大きくなれば、それに比例して国民の税負担も大きくなる。

以上が、中学公民の「租税の役割と影響」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る