中学地理「瀬戸内地方のポイントまとめ」

中学地理「瀬戸内地方のポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

瀬戸内地方の概要

本州四国連絡橋
人口10万人以上の都市の多くは瀬戸内海沿岸部に集まっています。また、中国・四国地方は九州地方と近畿地方に隣接しており、広島の本州四国連絡橋は愛媛県とつながっています。愛媛県は、県庁所在地は松山市で人口は40万人以上いる。

瀬戸内の気候

瀬戸内気候は、一年を通して降水量は少なく比較的温暖です。高山市は典型的な瀬戸内気候となります。鳥取市は、日本海側にあるので、冬に降水量が多くなります。また高知市は、夏は台風の通り道になることも多く、夏の降水量が非常に多くなります。

瀬戸内の工業

瀬戸内地方は、石油化学工業などでみられる、原料から製品までを一貫して生産する工場の集団であるコンビナートがあります。

交通と地域活性

香川県では、本州四国連絡橋のルートからはずれた小豆郡などの離島地域において、人口の減少を防ぐために、地域の特徴をいかして観光客を増やしたり、特産物を活用した商品を開発したりするなどの取り組みを行っています。これにより、産業化活性化し、働く場を増やして、人口の流出を防ぐとともに、新たに住む人を増やすことが期待できます。

コメント

テキストのコピーはできません。