中学歴史の「大化の改新」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「大化の改新」のまとめです。大化改新開始は、中大兄皇子らは蘇我氏を倒して、大化の改新を始めました。それでは、中学歴史の「大化の改新」のまとめです。

大化の改新

聖徳太子(厩戸皇子)の死後に蘇義氏が勢力を強め、643年、山背大兄王(太子の子)とその一族を滅ぼして、大和政権での権力を独占していた。しかし、蘇我氏の独裁的な政治に不満が高まり、中国から帰国した留学生らは、唐のような強力な中央集権国家をつくる必要性を強く感じていた。

中大兄皇子中臣鎌足(のち藤原鎌足)らは 留学生らの意見をとり入れて政治改革をくわだて、645年、蘇我蝦夷・入鹿父子を滅ぼした(乙巳の変という)。その翌日、中大兄皇子は皇太子となって、中臣鎌足を内臣に任命し、新たに即位した孝徳天皇のもとで国政の改革にのりだした。そして、唐の制度にならって年号を「大化」とした。これは日本最初の年号で、一連の政治改革を大化の改新とよんでいる。

スポンサーリンク

大化改新の方針

改新政治では、公地公民など4つの方針が示された。646年に改新の詔を出して、天皇を中心とする中央集権国家をつくりあげる方針が示されたとされるが、実現されるまで50年余りかかった。

  • 公地公民…皇室(天皇家)や豪族私有ていた土地や人々を国が直接支配する。
  • 国郡制度…都の周辺を「畿内」とし、全国を国・郡に分けて国司・郡司をおいて統治。
  • 班田収授法…戸籍をつくって人々に公地 (口分田)を貸しあたえ、死ぬと国に返させる。
  • 組・調・庸の税制…口分田をあたえられた人々は,種・調・肩などの税を納める。

このころの朝鮮半島

676年に、新羅が朝鮮半島を統一した。7世紀半ば、朝鮮半島では新羅が唐と結んで、660 年に百済を、668年には高句麗を滅ぼした。日本は百済救援のために出兵したが、663年に白村江の戦いで新羅と唐の連合軍に敗れ、半島から手を引いた。高句麗の滅亡後、7世紀の末に、朝鮮半島北部から中国東北部にかけての地域に海がおこった。新羅は唐の勢力を退け、676年に朝鮮半島を統一し、律令制度を整え、儒教や仏教文化が栄えた。

あわせて確認

以上が、中学歴史の「大化の改新」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る