中2理科の「単細胞生物」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「単細胞生物」についてのまとめです。単細胞生物gは、すべてのはたらきが1個の細胞によって営まれています。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、 中2理科の「単細胞生物」のまとめです。

単細胞生物

単細胞生物のからだのつくりは、ケイソウ類や原生動物のように、からだがただ1つの細胞からできている生物で、ほとんどの単細胞生物は、 顕微鏡でなければ見ることはできない。単細胞生物では、すべてのはたらきが1個の細胞によっていとなまれている。そのために、たとえば食物をとり入れる細胞口や、食物を消化し、吸収する食胞、周期的に縮んで、細胞内でいらなくなった不要物を排出する収縮胞などがある。また、ゾウリムシのようにからだのまわりにせん毛をもつものや、ミドリムシのようにべん毛をもつものがある。これらの毛は運動するのに役立っている。

スポンサーリンク

細胞器官

食胞、収縮胞、せん毛、べん毛などのようなものを、細胞器官といい、複雑なつくりをもつ多細胞生物の器官とは区別している。 原形質(細胞の主体で、生活機能の基礎となっている構成物質で、核と細胞質に大別される)が分化して、器官のようなはたらきをする構造。

単細胞生物の例

  • 原生動物…アメーバ・ツリガネムシ・ラッパムシ・ヤコウチュウなど。
  • ケイソウ類などの植物の一部…ハネケイソウ・クロレラ・ ミカヅキモなど。
  • その他…ナットウ菌、大腸菌、コレラ菌などの細菌類。

群体

多くの同種の生物の個体がからだの一部で、互いに結合して生活することを群体という。細胞による機能の分化は見られないが、ボルボックスなどでは細胞による機能の分化が見られる。

まとめ

細胞の呼吸は、細胞が酸素と養分を取り入れて、生きるためのエネルギーを取り出し、二酸化炭素を放出すること。生物の体が一つの細胞でできている単細胞生物と多くの細胞からできている多細胞生物がある。

  • 単細胞生物…ゾウリムシ、ミドリムシ、ミカヅキモ
  • 多細胞生物…ツバキ、オオカナダモ、ヒト

あわせて確認

以上が、中2理科の「単細胞生物」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク