中2理科「元素記号」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「単体と原子記号」についてまとめています。もうそれ以上分けることができない物質を単体といいます。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中2理科の「単体と原子記号」のまとめです。

スポンサーリンク

元素

物質をつくるもとになる成分を元素という。元素には多くのものがあり、現在約100種類以上が知られている。単体も元素も1種類の原子からできているものである。

そのちがいを水で説明するとつぎのようになる。 「水を分解すると、水素と酸素ができる。」というのは、水素と酸素を単体として扱った場合のいい方であり、物質という立場からみた用語である。

一方、「水は水素と酸素からできている。」というのは、水素と酸素を元素として扱った場合のいい方であり、成分という立場からみた用語である。

物質

身のまわりの物質は、つぎのように大きく分類ができる。

  • 物質…純粋な物質と混合物に分かれる。
  • 混合物…単体と化合物に分かれる。

単体

酸素や銅のように、化学的な方法では、2種類以上の物質に分解することも2種類以上の物質から合成することもできない物質を単体という。

原子の記号

原子の記号とは、原子の種類を表す記号のことであり、ラテン語や英語、ドイツ語などで書いた元素の名前のかしら文字や,かしら文字とつづり字の中の1字を組み合わせたもので表されている。また、この記号は、同時にそれぞれの元素の1原子も意味しているため、元素記号ともいう。

原子の記号の書き方

記号の第1文字は評体の大文字で書く。第2文字を書くときは、第1文字の右下に、活字体または筆記体の小文字を書く。

〈例〉

  • 水素H
  • 酸素O
  • 窒素N
  • 炭素C
  • 亜鉛Zn
  • 銅Cu
  • 鉄Fe
  • 塩素Cl
  • 水銀Hg

など

あわせて確認

以上が、中2理科の「単体と原子記号」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る