中学理科「天気分野の記述問題対策」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「天気分野の記述問題対策」です。他の単元に比べると問われるパターンは、少ないので、完ぺきに仕上げていきましょう。

天気分野の記述問題対策の練習問題

次の問いに答えなさい。

  1. 大気の流れが見られる冬の季節において、太平洋側の地域はどのような天気の日が多くなるか、湿度もふくめて簡潔に書け。
  2. 冬の季節で、日本列島の北陸地方や東北地方などの日本海側の地域で降水量が多いのはなぜか、簡潔に書け。
  3. 温暖前線の進み方を、暖気、寒気という語句を使って説明せよ。
  4. 寒冷前線の進み方を、暖気、寒気という語句を使って説明せよ。
  5. 観測地点を寒冷前線が通過したと判断できる理由を答えよ。
  6. 等圧線の間隔がせまいところほど風はどうなっているか。
  7. 雲のでき方を調べるために、丸底フラスコと注射器を使った実験を行います。実験をする前に、丸底フラスコ内に「少量の水」を入れる理由を答えよ。
  8. 雲のでき方を調べるために、丸底フラスコと注射器を使った実験を行います。実験をする前に、丸底フラスコ内に「線香の煙」を入れる理由を答えよ。
  9. 寒冷前線が通過するとき, 風向と気温はどうなるか。
  10. 寒冷前線付近では、にわか雨があることが多いのはなぜか。その理由を「暖気」「寒気」という語句を用いて、雲ができる過程にふれて書きなさい。
  11. 晴れた日の昼、海岸付近では、海から陸に向かう風がふくのはなぜか。「気流」「気圧」という語句を用いて書きなさい。
  12. 春と秋、日本付近の天気が数日おきに変化するのはなぜか。
  13. 冬の季節風は、ユーラシア大陸では乾燥しているが、日本海側に大雪を降らせる。その理由を「水蒸気」 という語句を用いて書きなさい。
スポンサーリンク

わからないところは確認

天気分野の記述問題対策の解答

  1. 乾燥した晴れの日が多くなる。
  2. 日本海を超えるときに、大量の水蒸気をふくむ大気となるので。
  3. 暖気が寒気の上にはい上がり、寒気を押し返しながら進む。
  4. 寒気が暖気の下にもぐりこみ、暖気を真上に押し上げながら進む。
  5. 気温が急激に下がり、南寄りの風から北寄りの風に変化したから。
  6. 強くなっている
  7. フラスコ内の湿度を上げるため。
  8. 水蒸気が水滴になるときの凝結核になるから。
  9. 風向が北寄りに変わり,気温が急に下がる。
  10. 寒冷前線付近では、寒気が暖気の下にもぐりこんで急な上昇気流を生じ,積乱雲が発達するから。
  11. 陸上で上昇気流が生じ、陸上の気圧が海上よりも低くなるため。
  12. 偏西風によって、移動性高気圧と低気圧が交互に日本付近を通過するから。
  13. 季節風で移動してきた空気が日本海上を通過する間に,多量の水蒸気を含むため。

その他の単元の記述対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る