中2理科の「天気の変化(温暖・寒冷前線と温帯低気圧)」のまとめ・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

「天気の変化(温暖・寒冷前線と温帯低気圧の移動など)」のまとめです。「前線と天気」は、この天気で最も大切な単元で、もっとも出題率が高いところです。温暖前線・寒冷前線の性質、断面のようす、通過後の天気など十分に学習しておきましょう。それでは、中2理科の「天気の変化(温暖・寒冷前線と温帯低気圧の移動など)」のまとめです。

前線と前線面

  • 気団…気温や湿度がほぼ一様な空気のかたまり。
  • 前線…暖かい空気のかたまり(暖気)と冷たい空気のかたまり(寒気)がぶつかったところにできる。前線付近の天気は悪い。前線は、前線面と地表が交わるところ。
  • 前線面…二つの空気のかたまりの堺の面。

温暖前線と寒冷前線

温暖前線と寒冷前線のでき方の違いに注目。

  • 温暖前線…暖気が寒気の上に入りゆっくりはい上がる。
  • 寒冷前線…寒気が暖気の下にもぐり込み、環境激しく押し上げる。
  • 停滞前線…寒気と暖気の勢力が等しいときにできる。動かない。
  • 閉塞前線…寒冷前線が温暖前線に追いついた時にできる。
スポンサーリンク

温暖前線の通過と天気

  • 温暖前線の接近…雲(乱層雲)がだんだん低く厚くなる。
  • 通過中…弱い雨が広い範囲に長時間降り続く。
  • 通過後…雨がやみ、気温が上昇。南寄りの風が吹く。

寒冷前線の通過と天気

寒冷前線通過後は、気温・風向・気圧が大きく変化

  • 寒冷前線の接近…西の空に積乱雲が現れ、急速に近づく。
  • 通過中…強い雨が狭い範囲で短時間降る。
  • 通過後…雨がやみ天気の回復が急。気温が低下。北よりの風

気温や気圧から寒冷前線の通過がわかる。気温、気圧などから寒冷前線の通過が読みとることができる。

  • 気温…急降下
  • 気圧…急上昇
  • 風向き…北寄りになる

温帯低気圧

温帯低気圧の移動は西から東方向

低気圧の種類は、発生する地域によって分けられる。

  • 温帯低気圧…温帯地方で発生。普通前線を伴う。
  • 熱帯低気圧…熱帯の海域で発生。台風は熱帯低気圧が発達したもの。前線を伴わない。

温帯低気圧の構造

南西方向に寒冷前線。南東方向に温暖前線。温帯低気圧の移動と天気は、西から東方向に移動する。それに伴って天気や気温、風向などが変わる。

天気の移動

1日におよそ500km移動。日本付近の天気の移動は、日本付近では天気は西から東へ変わる。天気の変化の速さは、季節と異なるが1日におよそ500から1000km。

台風 練習問題

台風についての文章を読んで次の問いに答えなさい。

<文章>
台風は、どのようなものを台風と呼ぶのでしょうか。「高温・多湿の熱帯の海上で発生した熱帯低気圧のうち、中心付近の最大風速が( ア )m/s以上になったものをいいます。発達した台風の中心部には、目とよばれる雲のない領域があり、そのまわりをたくさんの( イ )が取り巻いています。」

問1 台風の位置

台風や雲の発生などの主な気象現象は、地表から何km程度までの大気で起こるか。

問2 台風の意味

文章中の(ア)(イ)に入る数値や語句の組み合せのうち正しいものを1~4から選び、数字で答えよ。

  1. ア 17.2 イ 乱層雲
  2. ア 34.4 イ 乱層雲
  3. ア 17.2 イ 積乱雲
  4. ア 34.4 イ 積乱雲

問3 台風の時期

台風は、6月ごろは中国大陸に向かうが、7~8月になると北東方向に向きを変え、8~9月は日本に上陸する進路になることが多いです。台風の進路がこのようになるのは、日本の夏に大きな影響を及ぼしていた、日本付近にある気団に、夏から秋にかけて、どのような変化が見られるからか。ある名称を明らかにして、簡潔に書け。

解答

問1 10
問2 3
問3 小笠原気団の勢力が弱くなるから。

あわせて解きたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク