中学歴史「第二次大戦後の国際社会と日本の国際復帰」まとめ

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史の「大戦後の国際社会と日本の国際復帰など」まとめです。二度の世界大戦の反省から国際連合が作られ、日本も国際社会に復帰していきます。それあたりについてまとめています。それでは、中学歴史の「大戦後の国際社会と日本の国際復帰など」まとめをみていきましょう。

国際連合

国際連合は、1945年に設立され本部はニューヨークにある。連合国は、20世紀に2度も世界大戦がおこったことを反省し、戦後の世界平和を維持する機関の設置をめざした。こうして1945年10月、 国際連合憲章にもとづいて国際連合 (国連)が発足し(原加盟国は51)、ニューヨーク(アメリカ 合衆国)に本部がおかれた。国連には、全加盟国が参加して開かれる最高議決機関の総会、世界の平和と安全に責任をもつ安全保障理事会がおかれ、さらに経済社会理事会・国際司法裁判所・事務局などが設置された。また、総会や経済社会理事会のもとに、国連教育科学文化機関(ユネスコ) などの専門機関や国連児童基金(ユニセフ)など、多くの機関がおかれている。国連では、世界平和の維持のために常任理事国の五大国(アメリカ・イギリス・フランス・ソ連・中国)に責任を負わせる大国中心主義をとり、安全保障理事会では、重要議案に対して常任理事国の1国でも反対すれば議決できないという拒否権があたえられている。また、国際紛争の解決のために、国連軍を組織して武力制裁ができるようにした。現在、平和維持活動(PKO)も世界の各地で行われている。

  • 安全保障理事会…世界の平和と安全を維持する機関。
  • 冷たい戦争(冷戦)…アメリカを中心とする資本主義の西側陣営とソ連を中心とする共産主義の東側陣営の対立。冷戦は核戦争直前まで緊張が高まる激しい対立であった。
スポンサーリンク

植民地支配の時代が終わる

  • 中国…1949年毛沢東主席とし中華人民共和国が設立。
  • 朝鮮半島…戦後日本の植民地支配から解放されるが、北緯38度線を境に、北側をソ連、南側をアメリカが占領。北側に朝鮮民主主義人民共和国。南側に大韓民国が成立。

朝鮮戦争

統一を目指して朝鮮民主主義人民共和国が大韓民国に侵攻したことをきっかけで始まる。1953年に休戦。

一方でアフリカは、1960年27国が独立。「アフリカの年」となる。植民地支配から多くの国が解放されるが、紛争・飢餓・経済格差などの問題が残る。

日本の国際社会復帰

  • サンフランシスコ平和条約…1951年に48カ国と締結し独立を回復する。同時に日米安全保障条約結ぎ、アメリカ軍の駐留を認める。

緊張緩和

  • アジア・アフリカ会議…1955年インドネシアのバンドンで開かれ、大戦後独立した国が平和共存を訴えた。

日本の外交

  • 日ソ共同宣言…1956年ソ連との国交回復する。ソ連の支持も受け、国連の加盟が実現する。
  • 日韓基本条約…韓国を朝鮮半島唯一の政府と承認する。
  • 日中共同声明…1972年中国との国交が正常化。1978年日中平和友好条約を提供して環境深めた。
  • 1972年沖縄が日本に復帰した。この過程で非核三原則が国の方針となった。日本はアジア諸国や東側諸国の関係改善を行った。

昭和時代 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



コメント

  1. […] 中学歴史の「大戦後の国際社会と日本の国際復帰など」まとめ […]