中1理科「凸レンズのポイントまとめ」

中1理科「凸レンズのポイントまとめ」です。

スポンサーリンク

凸レンズ

凸レンズの光の進み方の図
焦点は、平行な光を凸レンズにあてると、すべてある一点に集まる点のことで、凸レンズの中心からそこまでの距離を焦点距離という。

凸レンズを通して、スクリーンに映る像を実像といい、上下左右が逆になる。

像の大きさ

  • 物体を焦点距離の2倍の位置に置いて凸レンズで物体の像を映すと、像の大きさは物体と等しくなる。
  • 物体をさらに凸レンズから遠ざけると、映る像の大きさは物体に比べて小さくなる。
  • 反対に、近づけると大きくなり、焦点上に物体を置くと像はスクリーンに映らない
  • 物体を焦点の内側に置くとき、スクリーン側から凸レンズを見ると、大きな正立の虚像が見える。これは、ルーペでものを見る時の像と同じで、スクリーンには映せない。

コメント

テキストのコピーはできません。