中学公民「通貨制度」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民の「通貨制度」についてまとめています。通貨制度が整備されたのは明治時代以降です。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民の「通貨制度」のまとめです。

通貨制度

通貨制度とは、貨幣発行についての制度のことで、これには、金本位制度や管理通貨制度などがある。

スポンサーリンク

金本位制度

金本位制度とは、金や金貨を通貨制度のもとになる貨幣 (本位貨幣)とし、金や金貨と交換できる紙幣が流通している制度のことである。

管理通貨割度

管理通貨割度とは、国または中央銀行(日本では日本銀行)が、経済の状況をみて貨幣の発行量を調節する制度で、現在は日本をはじめ、世界各国がこの制度を採用している。管理通貨制度の下では、いつでも自由に貨幣を発行できるが、乱発するとインフレーションを起こす危険が大きい。そこで各国ともこの制度にはいろいろな制限を設けている。日本では、貨幣の最高発行額をあらかじめ決めておく、最高発行額制限制度を採用している。

通貨の歴史

明治時代の初め銀本位制度をとったが、1897年日清戦争で得た賠償金をもとに金本位制度を定めた。このときの貨幣法により、純金0.75gが1円ということも決定された。しかし、世界恐慌と、それに続く金融恐慌の影響で1931年金本位制度は停止され、管理通貨制度に移行した。
参照中学歴史の「世界恐慌・昭和恐慌(ブロック、ニューディール政策など)」のまとめ

経済のあわせて確認

以上が、中学公民の「通貨制度」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク



トップへ戻る