中3国語「私の定期テスト過去問分析問題」

中3国語「私の定期テスト過去問分析問題」です。

スポンサーリンク

私の定期テスト過去問分析問題

教科書の「私」の「窓口の女性司書は~同じ「私」なのだ。何の問題もない。」の部分を読んで、次の問いに答えなさい。

問一 「二重になっている」とありますが、「私」は、何が「二重になっている」と思っているのですが。簡潔に書きなさい。

問二 「二重になっている」とありますが、「司書」は、何が「二重になっている」と思っているのですが。簡潔に書きなさい。

問三 「彼女の説明」を聞いて、「私」は、一昨日の貸出データが登録されているのはなぜだと理解しましたか。簡潔に書きなさい。

問四 「私はようやく合点がいった。」とありますが、「私」は何が二重になることに合点がいったのですか。簡潔に書きなさい。

問五 「すげなかった」と同様に「司書」の市民対応ぶりを最もよく象徴している言葉を文章中から六字で書き抜きなさい。

問六 「私にはこの五冊を借りる権利があるはずです。」とありますが、「私」はどのような気持ちから、「司書」に貸出をせまったのですか。最も適切なものを次のア~エより一つ選び、記号で答えなさい。
 ア きちんとした「市民サービス」をさせたいという気持ち。
 イ 同じ自分が二人もいるなど信じがたいという気持ち。
 ウ 一度言い出したことはあとへ引けないという気持ち。
 エ どうしても五冊すべてを借りて読みたいという気持ち。

私の定期テスト過去問分析問題の解答

問一 貸出データ

問二 「私」自身

問三 (例)もう一人の「私」が、一昨日に本を借りたから。

問四 (例)「私」の存在そのもの

問五 無感動な表情

問六 ア

コメント

テキストのコピーはできません。