中1数学の「絶対値と数直線(正負の数)」のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中1数学の「絶対値と数直線(正負の数)」のポイント・練習問題。絶対値に対する概念をしっかり理解したうえで、解いていくことが大切です。それでは、中1数学の「絶対値と数直線(正負の数)」のポイント・練習問題をみていきましょう。

絶対値と数直線

  • 数直線と原点…数直線で0に対応する点を原点といいます。原点の右側に正の数を、左側に負の数を対応させます。また、右の方向を正の向き、左の方向を負の向きといいます。
  • 絶対値…数直線上で、ある数に対応する点から原点までの距離。正負の数から符号をとると、その数の絶対値になります。(例)+3の絶対値は、3。-4の絶対値は4です。
スポンサーリンク

数の大小

数の大小と数直線において、数直線上では、右にある数ほど大きく、左にある数ほど小さくなります。

  • 正の数は0より大きく、負の数は0より小さい。
  • 正の数は、絶対値が大きいほど大きい。
  • 負の数は、絶対値が大きいほど小さい。

不等号

不等号は、数の大小を表す記号です。(小)<(大)、(大)>(小)

正の数・負の数

  • 正の数…0より大きい数。正の符号+(プラス)をつけて表します。
  • 負の数…0より小さい数。負の符号-(マイナス)をつけて表します。
  • 整数…負の整数、0、正の整数
  • 自然数…正の整数

※0は正の数、負の数でもありません。また符号+は、はぶくことができますが、-ははぶくことができません。たがいに反対の性質をもつと考えられる量は、一方を正の数、他方を負の数で表すことができます。(例)100gの増加を+100gとすれば、200gの減少は-200gと表されます。

絶対値の練習問題

次の問いに答えよ。

  1. +5の絶対値を求めよ。
  2. -5.1の絶対値を求めよ。
  3. 0の絶対値を求めよ。
  4. -2、5、0のうち最も絶対値が大きい数を求めよ。
  5. -7、6、4のうち最も絶対値が大きい数を求めよ。
  6. 1より5大きい数の絶対値を求めよ。
  7. -1より5大きい数の絶対値を求めよ。
  8. -3より1大きい数の絶対値を求めよ。
  9. 3より1大きい数の絶対値を求めよ。
  10. 2より-5小さい数の絶対値を求めよ。

解答

  1. 5
  2. 5.1
  3. 0
  4. 5
  5. -7
  6. 6
  7. 4
  8. 2
  9. 4
  10. 7

あわせて確認

以上が、中1数学の「絶対値と数直線(正負の数)」のポイント・練習問題となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク